2015年2月20日(金)

鶏つくねとなめこのとろろ鍋

意外と早く出来て、深く温まりそう

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:300kcal
  • ・塩 分:3.5g

印刷する

材料(4人分)

▼鶏つくね
 鶏ひき肉300g
 長ねぎのみじん切り1本分
 おろししょうが2かけ分(30g)
 塩小さじ1/3
 酒大さじ1
 片栗粉大さじ2
大和芋1個(300g)
なめこ(大粒)2パック(200g)
根三つ葉1わ(300g)
▼煮汁
 だし汁6カップ
 しょうゆ大さじ4
 みりん大さじ4
粉山椒適量

作り方

1
鶏つくねを作る。ボウルにひき肉を入れ、長ねぎ、おろししょうが、塩、酒を順に加えながら、そのつどよく練り混ぜ、最後に片栗粉を加えてしっかりと混ぜる。
2
大和芋は手で持ちやすいように皮を少しずつむき、目の細かいおろし器やすり鉢ですりおろす。根三つ葉は4~5cm長さに切る。
レシピ画像
3
卓上鍋に煮汁の材料を入れて火にかけ、煮立ったら1を一口大に丸めて入れ、浮いてくるまで火を通す。次にスプーン2本を使って大和芋を一口大にすくいとり、煮汁の部分に落とし、浮いてくるまで火を通す。
レシピ画像
4
最後になめこと根三つ葉を加えてひと煮する。各自とり分け、粉山椒をふって食べる。
大和芋
「いちょう芋」とも呼ばれ、長芋よりぬめり成分のムチンを多く含み、粘りが強く、火を通すと固まる。最近は皮がむきやすく、おろしやすい棒状の形が好まれていて、関東地方中心に栽培されている。げんこつのような形をした「つくね芋」でもよい。
アドバイス
  • ・調味した煮汁に材料をどんどん入れて煮ていく鍋です。
  • ・つくねの肉だねを入れ、煮立ったらアクをすくいとること。
  • ・とろろ芋は必ず山芋、大和芋を使うこと(長芋では固まらないので注意)。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ