2015年4月25日(土)

グラノラバー

携帯おやつに、朝食に

  • 印刷

材料(約18×15cmのバット)

オートミール1カップ(80g)
パンプキンシード30g
アーモンドスライス30g
炒り白ごま大さじ2
 米水あめ大さじ2
 メープルシロップ大さじ2
 グレープシードオイル大さじ1
 りんごジュース大さじ1
 塩ひとつまみ

作り方

1
米水あめ、メープルシロップ、グレープシードオイル、りんごジュース、塩を混ぜ合わせておく。
2
フライパンにオートミールを入れ、弱火にかけて炒る。炒っている音が軽くなったらパンプキンシード、アーモンドスライス、炒り白ごまを入れ、さらに1~2分炒る。
3
(2)に(1)を入れて混ぜ、火にかけたままツヤが出てくるまで2~3分混ぜる。
4
オーブンシートを敷いたバットに入れて全体に平らに敷き詰め、130~140℃に予熱したオーブンで約30分焼く。上面をさわってみて、つぶれなくなればよい。
5
まな板にとり出し、熱いうちに棒状に切って冷ます。
*密閉容器に乾燥剤と一緒に入れて保存すれば1か月は日持ちする。乾燥剤を入れることで、あめ状に溶けるのを防ぐ。
レシピ画像
オートミール、パンプキンシード、アーモンドスライス、ごま
グラノーラには好みのナッツ類などを入れて。ここではこの4種類を入れている。オートミールはえん麦(オート麦)の外皮を除き、蒸気で加熱して平らに押しつぶしたもので、欧米では軽く煮ておかゆとして食べることも多い。カルシウムや鉄分などが多く含まれる。
パンプキンシードはかぼちゃの種。ビタミン・ミネラル類が豊富で、空炒りしてトッピングに使ったり、そのまま食べてもおいしい。アーモンドはビタミンEの含有量が高いナッツ。スライスはパリパリした食感を楽しみたいときに使う。ごまは、抗酸化物質が含まれているといわれ、老化防止などへの効果が期待できる。
こんなものを加えても
グラノーラには、ほかにもくるみ、カシューナッツ、ひまわりの種、ココナッツロングなどを入れてもおいしい。くるみはビタミン・ミネラル類が豊富で、生活習慣病を予防するといわれるオメガ3脂肪酸を特に多く含み、抗酸化作用も高いといわれる。カシューナッツ、ひまわりの種もビタミン・ミネラル類が豊富。カシューナッツは甘みがあり、口当たりがやわらかい。ひまわりの種は空炒りしてから使う。ココナッツロングは甘い香りとシャキシャキした食感が楽しめる。
米水あめ
米を麦芽で糖化させる伝統的な製法で作られた水あめ。さらっとした甘さを持つ。精製された砂糖などに比べて吸収が緩やかなので、血糖値の上昇も穏やかな、体にやさしい甘味料。自然食品店やネットショップなどで購入できる。
<型に入れずに炒り続けると・・・>
オーブンに入れずに15~20分、炒り続けるとパラパラのグラノーラに。
アドバイス
  • ・ナッツ類が液体類を加えてねっとりとツヤがでるまで混ぜてから型に移すこと、火加減は弱火。
  • ・必ず熱いうちにカットします。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ