2015年6月30日(火)

あじの中華風刺身サラダ

たっぷりの薬味野菜と一緒に混ぜて!

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:157kcal
  • ・塩 分:1.5g

印刷する

材料(4人分)

あじ3尾(正味200g)
きゅうり2本
紫玉ねぎ1/2個
香菜適量
ワンタンの皮3枚
カシューナッツ(素焼き・無塩)20g
▼ソース
 しょうゆ大さじ1+1/2
 紹興酒大さじ1
 サラダ油大さじ1
 砂糖小さじ1/2
 塩小さじ1/4
 こしょう少々
●油

作り方

1
あじは三枚おろしにして皮を引く。薄いそぎ切りにしてバットに並べ、冷蔵庫に入れて冷やしておく。
2
きゅうりは斜め薄切りにしてからせん切りにし、紫玉ねぎは縦に薄切りにし、ともにざっとほぐし洗いをしてザルに上げ、水気をきり、ペーパーで包み冷やしておく。香菜は葉を摘み、軸は1~2cm長さに切る。
3
小さいフライパンに油を1cm深さに入れて180℃に熱し、ワンタンの皮を1枚ずつ入れ、両面が色づいたらとり出し、冷めたらポリ袋に入れて粗くもみ砕く。カシューナッツは粗いみじん切りにする。
4
ソースの材料を混ぜ合わせておく。
5
器にきゅうりと紫玉ねぎを広げて盛り、上にあじの刺身を盛りつける。ワンタンの皮、カシューナッツ、香菜の軸を散らし、ソースを全体にかけ、香菜の葉を散らす。
6
あじのおろし方
  1. あじは胸ビレのつけ根に、斜めに両面から包丁を入れて頭を切り落とす。腹ビレの部分を三角に切り落とし、尻ビレまで切って腹ワタと血の塊をかき出す。
    レシピ画像
  2. 流水できれいに洗って水気をふきとり、腹側を手前にして尾のつけ根から中骨の上に沿って包丁を入れ、そのまま頭側まで切る。
    レシピ画像
  3. 背側を手前にして、背ビレの上から中骨の上に沿って包丁を入れ、身を持ち上げながら尾まで切り、尾のつけ根を切って身をはずす(二枚おろし)。
    レシピ画像
  4. 中骨のついた身は、腹側、背側の順に中骨の上に沿って切り、尾の中骨の上に包丁を貫通させて頭側に引き、尾のつけ根を切って身をはずす(三枚おろし)。
    レシピ画像
  5. 腹骨の際に包丁を寝かせて入れてすきとり、そのまま包丁を立てて端を切り落とす。小骨を骨抜きで頭の方向に引いて抜く。
    レシピ画像
  6. 頭側の背の部分の皮を指先でこそげてとっかかりをつけ、左手で身を押さえ、尾側に向けて皮を引く。
    レシピ画像
アドバイス
  • ・このサラダは涼しさがカギ、三枚におろしたあじはもちろん、器もソースも冷たく冷やしておくことも大切なポイント。
  • ・ナッツやパリパリのワンタンがアクセント。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ