2016年4月9日(土)

昆布だし

水につけるだけでOKなのです

  • 印刷

材料(約9+1/2カップ分)

だし昆布25g
10カップ

作り方

1
昆布は軽くふいてほこりなどをとり、鍋に分量の水とともに入れる。
レシピ画像
2
ふたはせずに弱めの中火にかけ、煮立つ直前に昆布をとり出す。
レシピ画像
●だし汁が残った場合は冷蔵庫で保存し、3日くらいで使いきる。
●昆布は切って保存容器に入れておくとすぐに使えて便利。長めと短めに切っておけば、必要なだしの量に合わせて使える。
●だしをとった後の昆布はクルクルと巻いてラップで包み、保存袋に入れて冷凍しておくとよい。量がまとまったら佃煮にしたり、結んでおでん種にも。

レシピ画像
水につけるだけの昆布だしのとり方
密閉容器に水10カップとだし昆布25gを入れる。冷蔵庫に入れて冬場は1日、夏場は半日ほどおき、昆布を食べてみてうまみが感じられなくなったら昆布をとり出す。昆布をつけっ放しにすると、昆布の粘りが出てしまうので注意。3日くらいで使いきる。
水とだし昆布のほかに梅干し2~3個を加えると、夏場は傷みにくい上、だし汁としてだけでなく、昆布水として飲料にもおすすめ。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ