2016年6月3日(金)

ひき肉入りぎせい豆腐

主役は豆腐、見ためは卵焼き

  • 印刷

材料(4人分)

木綿豆腐1丁(300g)
鶏ひき肉100g
にんじん2/3本(100g)
生椎茸3枚
絹さや50g
小さじ1
砂糖大さじ2
しょうゆ大さじ1+1/2
 卵2個
 塩少々
大根200g
●油

作り方

1
豆腐は大まかにちぎり、2枚重ねにしたペーパータオルで包んで20分ほどおいて水気をきり、さらに新しいペーパータオルに包んでおく。
2
にんじんは2cm長さのせん切りにする。生椎茸は石づきを切り、半分に切ってからせん切りにする(厚みがあるものは厚みを薄くそいでからせん切りに)。絹さやは筋をとり、斜めせん切りにする。
3
卵は大きめのボウルに割り入れて溶きほぐし、塩を混ぜる。
4
フライパンに油大さじ1/2を熱し、鶏ひき肉をほぐしながら炒め、色が変わったらにんじんを加えてひと炒めし、生椎茸と絹さやを加えて炒め合わせる。野菜がしんなりしたら、(1)の豆腐を加えてくずしながら炒め、酒、砂糖、しょうゆで調味し、水分を飛ばすように炒める。
5
(4)を(3)の卵液に加えてよく混ぜ合わせる。
6
卵焼き器(19×13.5×高さ3.5cm)を熱して油大さじ1をなじませ、(5)を流し入れ、木ベラで混ぜながら弱めの中火で半熟になるまで火を通し、表面を平らにする。アルミ箔をかぶせ、ときどき卵焼き器の底をずらしながら(焼き色が平均につく)、5~6分焼く。落としぶたなどを使って返し、そのまま焼き色がつくまで4~5分焼く。
7
(6)を食べやすい大きさに切って器に盛り、大根おろしを添え、好みでしょうゆをたらして染めおろしにする。
アドバイス
  • ・豆腐の水きりをしっかりしておくと炒めたときに水気がでず、味が決まります。
  • ・野菜はすべて短めのせん切りにします。
  • ・豆腐を使って卵焼きにみせることから、この「擬製」の名がついたとか。
  • ・ちょっと甘めがおいしい、お弁当にもおすすめです。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ