2016年7月9日(土)

酸辣湯うどん

暑気払いにおすすめ

  • 印刷

材料(2人分)

干しうどん(細いもの)2人分
豚バラ肉(薄切り)80g
ゆでたけのこ100g
木くらげ(もどす)4枚
にら6本
しょうが1かけ
1個
鶏スープ(下記参照)4カップ
小さじ1
ナンプラー大さじ1
大さじ2
粗びき黒こしょう少々
ラー油少々
●ごま油

作り方

1
豚肉、ゆでたけのこ、もどした木くらげは細切りにする。にらは小口から1cm幅に切る。しょうがはせん切りにする。卵は溶きほぐしておく。
2
鍋にごま油小さじ1を熱し、豚肉、ゆでたけのこ、木くらげ、しょうがを順に加えながら炒める。肉に火が通ったら鶏スープを加え、煮立ったら塩、ナンプラーで調味する。
3
うどんはゆでて水洗いし、水気をきる。
4
(2)にうどんを入れて温め、溶き卵を流し入れてひと煮し、最後ににらと酢を加えて味をととのえる。器に盛り、粗びき黒こしょうとラー油をふる。
細いうどんのゆで方
(1)鍋にたっぷりの湯を沸かし、うどんをパラパラと入れる。ふきこぼれない程度の強めの火加減にし、ときどきかき混ぜながら袋の表示時間通りにゆでる。
(2)ザルにあけ、流水でしっかりともみ洗いし、表面のぬめりをよく落とす。
(3)水気をきり、さらにザルにめんをギュッと押しつけるようにして、しっかりと水気をきる。
温かいうどんにする場合
洗って水気をきったうどんを煮汁の中でひと煮する。またはザルに入れて再び熱湯の中で温めてもよい。
鶏スープ
材料
(作りやすい分量・約1200ml分)
鶏手羽先 5本
水 1200ml
しょうがの皮 2かけ分
長ねぎ(青い部分) 1本分
作り方
(1)手羽先は水洗いして水気をふく。
(2)大鍋に(1)と残りの材料を入れて強火にかけ、ふつふつとしてアクが出てきたら火を弱め、アクをていねいにとり、弱火で20分ほど煮る。
(3)火を止めて、そのままおいて冷ます。手羽先をバットにとり出し、スープはザルにペーパータオルを敷いて、保存容器にこし入れる。それぞれ冷蔵庫で保存する。
■3~4日冷蔵保存可能
手羽先は
鶏そばにそのまま具材としてのせたり、骨を除いて細かくほぐせば、サラダなどの料理のトッピングにも使えます。
半田めん
細めのうどんとも太めのそうめんともいえそうな、モチモチとした食感ののどごしの良いめん。コシが強いのでゆでのびしにくい。
スープがからみやすいように細めのうどん、そうめんや冷麦、中華めんがおすすめ。
アドバイス
  • ・鶏手羽先はさっと洗って水気をよくふき、汚れと臭みをとり除いておくこと。
  • ・溶き卵は必ず煮汁が煮立ったところに回し入れ、すぐ混ぜたりしないこと。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ