2016年8月15日(月)

枝豆豆腐

馥郁たる豆の香り

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:94kcal
  • ・塩 分:1.1g

印刷する

材料(4人分 14×11cm×高さ5cmの容器1台分(約600ml))

枝豆(さやつき)250g(正味100g)
豆乳2カップ
 粉ゼラチン5g
 だし汁大さじ3
だし汁2/3カップ
小さじ1/2
粉寒天2g
▼うまだし
 しょうゆ大さじ1/2
 みりん大さじ1/2
 だし汁大さじ2
おろしわさび適量

作り方

1
冷たいだし汁大さじ3に粉ゼラチンをふり入れ、10分以上おく。
レシピ画像
2
鍋に湯を沸かし、枝豆を入れてやわらかくなるまで7~8分ゆで、ザルに上げて冷ます。さやから出し、薄皮も除く。
レシピ画像
3
ミキサーに(2)、だし汁2/3カップを入れ、1~2分かけてなめらかにする。
レシピ画像
4
(3)を鍋に移し、豆乳、塩、粉寒天の順に加えてそのつどよく混ぜて、中火にかける。沸騰したら弱火にし、混ぜながら1~2分煮て寒天を溶かす。
レシピ画像
5
鍋を火からはずし、(1)を加えて混ぜながらゼラチンを溶かし、冷たい水に鍋底をつけて、混ぜながら冷ます。とろみがついたら、一度ぬらして水気をきった容器に流し入れる。粗熱がとれたら、冷蔵庫に30分入れて冷やし固める。
レシピ画像
6
うまだしの材料を混ぜる。
7
(5)を容器からとり出し、4等分に切って器に盛り、(6)をかけておろしわさびを添える。
粉ゼラチンと粉寒天
ゼラチンは、動物の骨や皮からとったたんぱく質のコラーゲンが主成分。寒天は、海藻のテングサなどを煮溶かしてこし、固めて冷凍乾燥させたもの。ゼラチンはふやかさずに使えるものもあるが、今回は冷たいだし汁にふり入れてしばらくおき、ふやかして使う。液体の温度が高いと固まりにくくなるので、火からはずして加え、完全に溶かす。粉寒天は液体に直接ふり入れ、混ぜながら完全に煮溶かす。
アドバイス
  • ・ゼラチンと粉寒天の2種を使うところが、ほどよい固さとなめらかな口あたりにするポイント。
  • ・寒天はフツフツするまで煮立ってから弱火にして煮溶かします。
  • ・鍋底を氷水に当て、冷ましながら混ぜ、とろみをつけること(こうすると分離しない)。
  • ・型に流したら、表面に浮いた泡はスプーンですくって取り除いてから冷蔵庫に入れること。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ