2016年12月1日(木)

おでん

煮込み時間もハッピー気分

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:358kcal
  • ・塩 分:3.6g

印刷する

材料(6人分)

鶏手羽中12本(550g)
大根2/3本(900g)
 (米大さじ2)
ゆで卵6個
こんにゃく1枚(220g)
▼練りもの
 さつま揚げ6枚(250g)
 いわしだんご6個(250g)
 だし汁7カップ
 酒1/4カップ
 砂糖大さじ1
 塩小さじ1
 しょうゆ大さじ3
練り辛子適量

作り方

1
鶏手羽中は裏から骨に沿って切り込みを入れる。大根は2cm厚さの輪切りにし、皮を厚めにむき、厚みの1/3くらいまで十字に切り込みを入れる。ゆで卵は殻をむく。こんにゃくは3等分に切り、さらに三角になるように半分に切り、熱湯でゆで、ザルに上げる。
2
鍋に(1)の大根、米を入れ、たっぷりの水を注ぎ、火にかける。ひと煮立ちしたら弱火にし、ふたをして竹串がスッと通るようになるまで30分ほどゆでる。ザルに上げて流水で洗い、米を落とす。
3
土鍋などの大きめの鍋にだし汁、酒、砂糖、塩、しょうゆを入れて混ぜ、(2)の大根、鶏手羽中を加え、強火でひと煮立ちさせる。アクをすくい、ふたをずらしてかけ、弱火で30分煮る。
4
(3)に練りもの2種、こんにゃく、ゆで卵を加え、ふたをずらしてかけ、弱火で30分煮て、火を止めて粗熱をとり、味をしみ込ませる。食べるときに温め、練り辛子を添える。
大根の下ゆでには、米の代わりに米のとぎ汁でもよい。練りものは好みのものを2種類ほど計500g準備する。

アドバイス
  • ・大根の下処理のポイント、
    火が通り易いように皮を厚めにむき、切り込みを十字に入れておくこと。
  • ・煮る前に下ゆでをして臭みを除き、味の入りをよくします。
  • ・味出し役は鶏手羽と練りもの、分量を守りましょう。
  • ・練りものは熱湯をかけて油を落としてから煮ること(味が入りやすくなる)。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ