2016年12月10日(土)

塩豚とレンズ豆の煮込み

塩豚さえあれば!!

  • 印刷
本日のもう一品:トマトライス

材料(4人分)

▼塩豚
 豚バラ肉(塊)800g
 塩大さじ2
 きび砂糖大さじ2
 セージ、タイム各3本
レンズ豆(皮つき)1カップ
にんにく1かけ
玉ねぎ1個
にんじん1/2本
セロリ1本
タイム3~4本
ローリエ1枚
 水2+1/2カップ
 鶏ガラスープの素小さじ1/2
●塩、こしょう、オリーブ油

作り方

1
塩豚を作る。塩、きび砂糖、刻んだハーブを混ぜ合わせ、豚肉にすり込むようにしてまぶす。ラップでぴったりと包み、冷蔵庫に入れて2日ほど寝かせる。
2
レンズ豆は洗って水気をきる。にんにくはみじん切りにする。玉ねぎ、にんじん、セロリは粗みじん切りにする。
3
(1)の塩豚を洗って水気をふき、幅を半分に切ってから2cm厚さに切る。厚手の鍋にオリーブ油大さじ1を熱し、塩豚の表面を強火で焼きつけてとり出す。
4
鍋の油をふきとり、オリーブ油大さじ1を加え、にんにく、玉ねぎ、にんじん、セロリをしんなりするまで炒める。(2)のレンズ豆、(3)の塩豚、タイム、ローリエ、分量の水と鶏ガラスープの素を加え、ふたをして弱火で30~40分煮込む。
5
味をみて塩、こしょうでととのえる。
Point
肉に調味料とハーブをすり込んだらラップでぴったりと包み、冷蔵庫で寝かせる。寝かせる時間は2日ぐらいがベストだが、時間がない場合は1日でも。また、そのまま冷蔵庫で1週間くらいは保存がきく。
レンズ豆
ヒラマメ(扁豆)、レンティルとも呼ばれる、直径4~9mmの丸く扁平な凸レンズ状の豆で、紀元前から栽培されています。食物繊維、ビタミンB群、鉄、亜鉛、たんぱく質の含有量が多く、高たんぱく低カロリーの優秀食材。黒、茶、緑、赤、黄などの色の品種があり、煮込み、カレー、スープ、サラダなどに使われます。短時間でもどすことができ、そのまま煮てもやわらかく調理できるのがうれしいところ。皮つきと皮なしがあり、皮なしは早く煮えるのですが、どろどろに溶けてしまうので、この料理には皮つきがおすすめです。
アドバイス
  • ・フランスのビストロや家庭でおなじみの煮込み料理、塩豚とレンズ豆の相性は抜群です。
  • ・豚肉の塩漬けはほかの料理にも使えます。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ