2017年2月17日(金)

塩鮭の粕鍋

冷え込む夜にほっこりと

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:395kcal
  • ・塩 分:3.5g

印刷する

材料(4人分)

塩鮭(甘塩)3切れ(300g)
 酒粕100g
 みそ大さじ3~4
絹厚揚げ1枚(200g)
じゃが芋2個(300g)
玉ねぎ1個(200g)
しめじ(大)1パック(200g)
せり1わ(100g)
 水5カップ
 昆布(5cm角)1枚

作り方

1
塩鮭は1切れを2~3つに切る。絹厚揚げは熱湯にさっとくぐらせて油抜きをし、一口大に切る。
2
じゃが芋は皮をむき、大きめの一口大に切る。玉ねぎは縦半分に切り、1.5cm幅のくし形に切ってほぐす。しめじは石づきを除き、小房に分ける。せりは根元を切り落とし、3cm長さに切る。
3
厚手の鍋や土鍋に分量の水と昆布を入れ、中火にかける。沸騰したら、玉ねぎ、じゃが芋を入れ、ふたをして8~10分煮る。
4
ボウルに酒粕をちぎり入れ、(3)の煮汁を少量加え、少しおいてふやかし、みそを加えて溶かす。
5
(3)のじゃが芋に竹串がやっと通るくらいになったら、塩鮭、しめじを加えて煮立て、さらに厚揚げを加えてひと煮にする。(4)を加えてさっと混ぜ、せりを入れて煮えたものから食べる。
酒粕
酒粕は、日本酒などのもろみを圧搾した後に残る、白色の固形物のこと。酒粕には絞ったそのままの形の板粕と、やわらかなペースト状に練った練り粕などがあるが、今回はどちらのものでも作れる。酒粕はアルコール分を5~8%含むため、子どもが食べる場合はよく加熱してからにするとよい。
アドバイス
  • ・鮭は甘塩を骨つきのものはそのまま使うとだしがよく出るので、切り落とさないこと。
  • ・鍋の締めにはうどんや焼きもちを加えてどうぞ。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ