2017年4月3日(月)

菜の花と鶏肉のアンチョビー炒め

春色体感おかず

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:200kcal
  • ・塩 分:1.5g

印刷する

材料(4人分)

菜の花2わ(300g)
鶏胸肉(皮なし)(大)1枚(300g)
 (塩、こしょう各少々 小麦粉適量)
アンチョビーフィレー約5枚(20g)
グリーンアスパラガス1束(150g)
にんにく1かけ
塩、こしょう各少々
●オリーブ油

作り方

1
鶏肉は繊維に沿って3~4等分に切り、薄くそぎ切りにし、塩、こしょうをふる。
2
菜の花は長さを半分に切り、茎と穂先に分ける。アスパラガスは根元1/3の固い皮をむき、斜めに2cm幅に切る。にんにくは細かく刻む。
3
中華鍋にオリーブ油大さじ1/2を熱し、菜の花の茎とアスパラガスを入れ、さっと炒めて水1/2カップを加え、ふたをして1~2分蒸し煮にする。菜の花の穂先を加え、ひと炒めし、ザルに上げて水気をきる。
4
中華鍋をきれいにしてオリーブ油大さじ2を熱し、小麦粉を薄くまぶした鶏肉を炒め、ふたをして弱火で2~3分蒸し焼きにする。火が通ったらにんにくとアンチョビーを加えてさっと炒め、(3)の野菜を戻し入れて炒め合わせ、塩、こしょうで味をととのえる。
アドバイス
  • ・菜の花は茎を少し切って水につけてツンとさせておくと、炒めてもシャキっとします。
  • ・鶏肉は庖丁をぬらしてそぎ切りにするとよい。
  • ・鶏肉には小麦粉をまぶしておくのがやわらかくいただくポイント。
  • ・菜の花の固い茎とアスパラを先に火を通し(穂先は炒めすぎると焦げるので後から)、茎がやわらかくなったら穂先を加えます。
  • ・アンチョビーは切らずにそのまま加え、油の中でつぶすだけでOK。
  • ・春の緑は菜の花のほか、スナップえんどうや絹さやをプラスしてもよいでしょう。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ