2017年4月18日(火)

桜えびの豆腐クリームコロッケ

桜えびの香りと軽い口あたりが身上です

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:380kcal
  • ・塩 分:2.3g

印刷する

材料(4人分)

桜えび(釜揚げ)80g
木綿豆腐2丁(600g)
クリームチーズ30g
万能ねぎ4本(20g)
 米粉大さじ1
 塩小さじ1/3
 こしょう少々
▼衣
 小麦粉適量
 溶き卵1個分
 パン粉1カップ
ベビーリーフ1パック
ミニトマト1パック
練り辛子適量
しょうゆ適量
●油

作り方

1
豆腐は1丁ずつペーパータオルに包み、重石(約2.5kg)をし、途中でペーパータオルの水気を絞って1時間ほどおき、水きりをする(400gほどになる)。
2
万能ねぎは小口切りにする。
3
フードプロセッサーに(1)の豆腐、クリームチーズを入れ、なめらかになるまで攪拌する。米粉、塩、こしょうを加え、さらに攪拌し、なめらかにする。
4
鍋に(3)を入れ、火にかけて煮立て、桜えび、(2)を加えて混ぜ、火を止める。バットに入れ、平らにならし、冷ましておく。
5
衣のパン粉はポリ袋に入れ、めん棒を転がしてつぶし、サラサラにする。
6
(4)を12等分し、手に水をつけて俵形に整える。小麦粉、溶き卵、(5)のパン粉の順に衣をつける。
7
揚げ油を180℃に熱し、(6)を入れて衣がカラッとなるまで2分ほど揚げる。網などにとって油をきる。
8
ベビーリーフ、縦半分に切ったミニトマトとともに(7)を器に盛り、練り辛子としょうゆを添える。
桜えび(釜揚げ)
体長40mm前後の小型のえび。日本国内の水揚げの100%は駿河湾産。漁期は4~6月、10~12月の2回。釜揚げは軽く塩ゆでしたもので、そのままわさびじょうゆで食べたり、かき揚げなどにする。
アドバイス
  • ・豆腐の水きりが大切、しっかりと重石をし、600g→400gになるまで水切りすること。
  • ・パン粉は細かめのサラサラがよく合います。
  • ・このコロッケは揚げすぎると破裂して中身がとび出てくるので、たねは冷やしすぎないように、そして揚げ時間を守ること。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ