2017年4月26日(水)

切り干し大根と切り昆布の梅あえ

  • 印刷

材料(作りやすい分量)

切り干し大根75g
切り昆布(乾燥)15g
 梅干し9個(正味大さじ4+1/2)
 ごま油大さじ1+1/2
削りがつお2袋(6g)
炒り白ごま大さじ2
*でき上がり約450g

作り方

1
ボウルに切り昆布を入れてたっぷりの水を注ぎ、15~20分つけてもどす。水気をきり、長ければ食べやすく切る。
2
切り干し大根は軽くもみ洗いする。
熱湯に入れ、ひと煮立ちしたら、ザルに上げて冷ます。水気を絞って食べやすく切る。
3
梅干しは種を除いて果肉を叩き、ごま油を混ぜる。
4
(3)に、(1)の切り昆布、(2)の切り干し大根を加えてよく混ぜ、削りがつお、炒り白ごまも加えて混ぜ合わせる。
*冷蔵庫で10日ほど保存可能。
レシピ画像
食べ方のアレンジ
ささ身と豆苗のあえもの
(1)
鶏ささ身2本(100g)は筋をとり、耐熱皿にのせ、塩少々と酒大さじ1/2をふり、ふんわりラップをかけて電子レンジ(500W)に2分30秒~3分かける。粗熱をとり、食べやすく裂き、蒸し汁をからめる。
(2)
豆苗1袋(約400g)は根を切り、長さを半分に切る。塩少々加えた熱湯でゆで、ザルに広げて冷まし、水気を絞る。
(3)
(1)、(2)を切り干し大根と切り昆布の梅あえ(上記参照)の1/3量(150g)とあえる。
食べ方のアレンジその2
スープにするときは「切り干し大根と切り昆布の梅あえ」の1/6量を、だし汁4カップに加えてやわらかく煮、溶き卵2個分をまわし入れ、ひと煮して火を止める。
アドバイス
  • ・切り干し大根は熱湯でゆでてもどして、歯ごたえを残すのがポイント。
  • ・梅肉は正味で大さじ4+1/2、叩いてから計量するとよい。
  • ・梅干しは塩分により量を加減してOK。
  • ・このほか肉と一緒に炒めたり煮ものにしてもOK。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ