2017年6月21日(水)

さっぱりだし

夏の涼が欲しい夜に

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:24kcal
  • ・塩 分:1.6g

印刷する

材料(4~6人分)

みょうが3個(60g)
玉ねぎ1/3個(70g)
れんこん70g
オクラ1袋(100g)
しょうがのみじん切り大さじ2
塩昆布(細切り)10g
 だし汁1+1/4カップ
 淡口しょうゆ大さじ2
 塩小さじ1/3
 酢大さじ2
●塩

作り方

1
みょうがは縦半分に切り、横に5mm幅に切ってさっと水にさらす。玉ねぎは5mm角に切る。
2
れんこんは5mm角に切り、熱湯に入れて40~50秒ゆで、網じゃくしですくってザルに広げ、冷ます。
3
オクラは塩少々をふり、まな板の上で転がし、(2)の熱湯で2分ほどゆでる。水にとって冷まし、3mm幅の小口切りにする。
4
容器にだし汁、淡口しょうゆ、塩、酢を混ぜる。水気を絞ったみょうが、玉ねぎ、れんこん、オクラ、しょうが、塩昆布を入れ、ふたをして冷蔵庫で2~3時間冷やす。ごはんなどにかけて食べる。
“だし”のおすすめの食べ方
そうめんのつゆに
そうめんは熱湯でゆで、流水で洗って氷水で冷やし、水気をきって器に盛る。“だし”適量を添えて、そうめんをつけて食べる。つるつるとのどごしがよく、さっぱりと食べられる。
冷ややっこのトッピングに
食べやすく切った豆腐に、“だし”をたっぷりかける。みょうが、しょうがの薬味野菜入りで、れんこんやオクラの歯ごたえがよく、冷ややっこがちょっとごちそうに。
アドバイス
  • ・オクラはヘタを落とし、ガクの周りをぐるりとむいてから塩ずりします。
  • ・必ず具にはオクラ、昆布など粘りのある素材を入れることが食べやすくするポイント、れんこんの代わりになすやきゅうりが入ってもよい。
  • ・食べ方はほかに、しゃぶしゃぶにかけたり、ひきわり納豆のトッピングにしてもおいしい。
  • ・冷蔵庫で2~3日は保存可能ですが、色は悪くなるので早めに食べきることがおすすめ。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ