2017年7月4日(火)

きゅうり、香菜、木くらげの棒々鶏

しっとりゆで鶏に感激!!

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:256kcal
  • ・塩 分:1.7g

印刷する

材料(4人分)

▼ゆで鶏
 鶏もも肉2枚(400g)
 塩小さじ1/2
 長ねぎ(青い部分)10cm
 しょうがの皮2~3枚
きゅうり2本(200g)
香菜1~2株(30g)
生木くらげ50g
▼たれ
 練り白ごま大さじ2
 しょうゆ大さじ2
 砂糖大さじ1
 酢小さじ2
 豆板醤少々
 長ねぎのみじん切り大さじ1
 しょうがのみじん切り小さじ1

作り方

1
ゆで鶏を作る。鶏肉は黄色い脂を除き、身の厚い部分に切り目を入れる。鍋に4カップの湯を沸かし、塩、長ねぎ、しょうがの皮、鶏肉を入れ、ふたをして1分ゆでて火を止める。そのまま40分ほどおき、余熱で火を通す。竹串を刺して、透明な汁が出たら、ふたをとって粗熱をとる。
2
きゅうりは縦半分に切り、斜め薄切りにし、冷蔵庫で冷やしてシャキッとさせる。香菜は3cm長さのざく切りにし、冷水に3分ほどつけてシャキッとさせ、水気をよくきる。生木くらげはせん切りにする。水からゆで、沸騰したらザルに上げ、流水で冷まして水気をよくきる。
3
たれの材料を混ぜ合わせておく。
4
(1)のゆで鶏は5mm厚さのそぎ切りにする。
5
(2)のきゅうり、香菜、木くらげを混ぜて器に広げて盛り、ゆで鶏を上に盛り、(3)をかける。
生木くらげ
春から秋にかけて、ニワトコやケヤキなどの広葉樹の切り株などに自生するきのこ。主に流通しているのは乾燥の輸入品だが、近年、国内で栽培された生の木くらげの流通も増えている。乾燥品を水でもどしたものより弾力があり、歯ごたえに富む。骨の形成を促すといわれるビタミンDが豊富で、不溶性の食物繊維を多く含む。
アドバイス
  • ・鶏肉のゆで時間がしっとり仕上げのポイントです、鶏肉は中まで火が通るように厚みを均一にしておくこと。
  • ・1分ゆでて→そのまま40分おく(余熱が大切)
  • ・きゅうりと香菜はそれぞれ冷たく、シャキっとさせること。
  • ・木くらげは水からゆでて、ふっくらさせます。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ