2017年10月3日(火)

ふりかけ2種

栄養価の高いごはんのお供

  • 印刷

材料(作りやすい分量)

■たらことにんじんのふりかけ
たらこ1腹(80g)
 (酒大さじ2)
にんじん2本(280g)
小さじ1/3
バター10g
●油
■高野豆腐のふりかけ
高野豆腐2枚(32g)
干し椎茸4枚(20g)
 だし汁(干し椎茸のもどし汁と合わせて)1カップ
 しょうゆ大さじ1+1/2
 砂糖大さじ1
 酒大さじ1+1/2

作り方

1
たらことにんじんのふりかけ
  1. にんじんは長さを2~3等分し、スライサーで細切りにする。
  2. たらこは薄皮を除き、酒と混ぜておく。
  3. フライパンに油大さじ1/2を熱し、にんじんを入れてしんなりするまでじっくり炒める。やわらかくなったら塩をふり、(2)を加えて炒りつけ、たらこに火が通って白っぽくなったらバターを混ぜて火を止める。
*保存は冷蔵庫で4~5日。
2
高野豆腐のふりかけ
  1. 干し椎茸は水1/2カップにつけてやわらかくもどし、軸を切り落とし、みじん切りにする。もどし汁にだし汁を加えて1カップにする。
  2. 高野豆腐は、熱湯を直接まわしかけ、もどす。粗熱がとれたらしっかりと水気を絞り、細かくポロポロにほぐす。
  3. 鍋に(1)の椎茸、(2)の高野豆腐を入れ、だし汁、しょうゆ、砂糖、酒を加えて火にかけ、ときどき混ぜながら、煮汁がほぼなくなるまで煮る。
*保存は冷蔵庫で4~5日。
アドバイス
  • ・高野豆腐は熱湯を直接かけ、ボロボロにくずすとよい。
  • ・仕上がりは、木べらで押してギュっと汁気が出るくらいまで煮ること(あまり汁を飛ばしすぎるとパサパサでごはんとなじまない)。
  • ・にんじんたらこはバターの風味が味のポイントですが、冷蔵庫で保存して表面が白くなっていた場合は、食べる前に早めに出しておくとよい。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ