2017年12月27日(水)

きんとんの茶巾絞り/りんごとさつま芋の寒天寄せ

あると嬉しい甘美な2品

  • 印刷

材料

■きんとんの茶巾絞り(8個分)
 さつま芋1本(300g)
 くちなしの実1個
 栗の甘露煮8粒
 甘露煮のシロップ80ml
■りんごとさつま芋の寒天寄せ(14.5×11×高さ4.5cmの流し缶1台分)
 さつま芋1本(300g)
 くちなしの実1個
りんごジャム1びん(150g)
 粉寒天2g
 水1/2カップ
 砂糖40g

作り方

1
きんとんの茶巾絞り
  1. さつま芋は2cm厚さの輪切りにし、皮を少し厚めにむき(正味約230gにする)、水に10分ほどさらす。くちなしの実は包丁でひとたたきし、お茶パックに入れておく。
  2. さつま芋の水気をきって鍋に入れ、かぶるくらいの水とくちなしの実を加えて中火にかける。煮立ったら弱火にし、さつま芋に竹串がスッと通るようになるまで15分ほどゆでる。
  3. 湯を捨て、くちなしの実もとり除き、マッシャーなどでつぶす。甘露煮のシロップを加え、弱めの中火で混ぜながら、さつま芋とシロップがなじみ、ぽてっとした状態になるように練り上げる。
  4. バットなどにとって粗熱をとり、温かいうちに8等分に分けて軽く丸める。これをラップにとり、栗の甘露煮1粒をのせて茶巾に絞る。
保存
保存容器に入れて冷蔵庫へ。
2~3日は保存可能。
2
りんごとさつま芋の寒天寄せ
  1. さつま芋は2cm厚さの輪切りにし、皮を少し厚めにむき(正味約230gにする)、水に10分ほどさらす。くちなしの実は包丁でひとたたきし、お茶パックに入れる。
  2. さつま芋の水気をきって鍋に入れ、かぶるくらいの水とくちなしの実を加えて中火にかける。煮立ったら弱火にし、さつま芋に竹串がスッと通るようになるまで15分ほどゆでる。湯を捨て、くちなしの実もとり除き、マッシャーなどでつぶす。
  3. 鍋に分量の水と粉寒天を入れて混ぜ、中火にかける。煮立ってきたら火を少し弱めて2分ほど煮る。砂糖を加えて溶かし、火を止めて(2)を加え、混ぜてなじませる。再び火をつけ、フツッと煮立ってきたらりんごジャムを加え、さらにフツッとなるまで煮て火を止める。
  4. 水でぬらした流し缶に流し入れ、缶をゆすったり軽く打ちつけて平らにする。そのまま室温において固まったら冷蔵庫に入れて冷やす。盛りつけるときに、底面が上になるように型から出し、好みに切り分ける。
保存
流し缶に入れたままラップをして(切り分けたものは保存容器)冷蔵庫へ。
2~3日は保存可能。
梅型や菊型など好みの型で抜いても。
アドバイス
  • ・さつま芋はなめらかな口当たりになるように、厚めに皮をむくこと(筋っぽいところは除く)
  • ・さつま芋はくちなしの実を入れて煮るときれいな黄色に仕上がります(実を砕いておくと色が出やすくなる)。
  • ・りんごとさつま芋の寒天寄せは甘味はリンゴジャムを使います。
  • ・寒天寄せはツルリと美しい底面を上にして盛りつけましょう。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ