2018年1月23日(火)

大根、にんじん、豚肉のごま煮

石原洋子先生の人気レシピベスト10

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:330kcal
  • ・塩 分:2.8g

印刷する

材料(4人分)

大根2/3本(800g)
にんじん2本(300g)
豚肉(切り落とし)300g
 (酒、しょうゆ各大さじ1)
大さじ3
みりん大さじ3
しょうゆ大さじ3
砂糖小さじ1
片栗粉大さじ1(倍量の水で溶く)
すり白ごま大さじ4
●油

作り方

1
大根は3cm厚さの輪切りにして皮を厚めにむき、4等分に切る。にんじんも3cm長さに切り、太いほうは縦半分に切る。豚肉は大きいものは一口大に切り、酒、しょうゆをもみ込んでおく。
2
深型のフライパンに油大さじ1/2を熱して豚肉を炒め、八分通り色が変わったら大根とにんじんを加えて炒める。全体に油がまわったら水2カップを加え、煮立ったらアクをとり、酒、みりん、しょうゆ、砂糖を加える。落としぶたをし、ふたもして弱めの中火で大根がやわらかくなるまで20~25分煮る(途中、ときどき混ぜて均一に火を通す)。
3
水溶き片栗粉を加えてひと煮し、とろみがついたらすり白ごまを加えてざっと混ぜ、器に盛る。
※2014年12月10日放送
煮ものの味つけの基本
酒:みりん:しょうゆ=1:1:1が基本で、これに好みで砂糖など、甘みをプラスします。色を薄く仕上げたいときはしょうゆ大さじ1を塩小さじ1/2(塩分量がほぼ同じ)の割合で置き換えても。
合わせておけば万能調味料に
酒、みりん、しょうゆを同量で合わせておけば、さっと煮ものが作れます。味を足す場合も、1つの調味料を足すのではなく、この同割のものを足していくと失敗しません。
<食べ方の工夫>
多めに作って一日目は主菜、2日めは副菜としていただきましょう。
2日めの主菜には焼き魚にして、たんぱく質を補います。
アドバイス
  • ・煮ものの極意、肉や魚などのうま味の出るものが入っていればだし無しでも上手にできます!
  • ・ポイントとなる調味は、‘同量’と覚えましょう。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ