2018年1月26日(金)

鯛の包み焼き

トマトとケッパーの香り

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:242kcal
  • ・塩 分:0.9g

印刷する

材料(4人分)

鯛の切り身4切れ(360g)
 (塩小さじ1/2 こしょう少々)
 ドライトマト20g
 ぬるま湯1/4カップ
ケッパー(酢漬け)大さじ1
生マッシュルーム8個(120g)
ブロッコリー1/2個(175g)
白ワイン小さじ2
オリーブ油大さじ2

作り方

1
ドライトマトはぬるま湯に20分ほどつけ、水気をきってみじん切りにする。
2
鯛は塩をふり、10分ほどおき、水気をふいてこしょうをふる。
3
ケッパーは粗みじん切りにする。マッシュルームは石づきを除き、縦半分に切る。ブロッコリーは12等分の小房に分ける。
4
オーブンシートを30×40cmに4枚切る。
5
オーブンシートの中央に(2)の鯛を1切れのせ、ドライトマト、ケッパーを等分にのせ、白ワインを1/4量ずつふり、マッシュルーム、ブロッコリーを等分にのせ、オリーブ油を1/4量ずつかける。
6
オーブンシートの長い辺を真ん中で合わせ、1cmほどを2~3回折り、両端を平らにならす。端の両サイドを長めに三角に折り、端から1回折り、折ったものを内側に押し込むように巻き込み、両角を少し折って立てるようにしてとめる。反対側も同様にして包む。全部で4つ作る。
7
オーブンの天板に(6)を並べ、200℃に予熱したオーブンに入れて15分ほど焼く。
ドライトマト
半割りにしたトマトに塩をふり、天日またはオーブンで乾燥させたもの。甘みと酸味が凝縮された濃厚な味を持つ。塩分が強いものがあるので、ぬるま湯につけて塩出しをするとよい。オイル漬けにしたり、刻んでパスタのソースなどに使う。
ケッパー
ケイパーともいう。フウチョウボク科の植物の花のつぼみを酢漬け、塩漬け、油漬けにしたもの。肉や魚料理の薬味に利用したり、刻んでソースやドレッシング、マヨネーズなどに混ぜて使う。特に酢漬けはスモークサーモンの薬味として欠かせない。
包み方
オーブンシートの中央に鯛をのせ、ドライトマト、ケッパーをのせ、白ワインをふり、マッシュルーム、ブロッコリーをのせ、オリーブ油をかける。
オーブンシートの長い辺を真ん中で合わせ、1cmほどを2~3回折る。
両端を平らにならす。
端の両サイドを長めに三角に折る。
端から1回折る。
折ったものを内側に押し込むように巻き込む。
両角を少し折って立てるようにしてとめる。
反対側も同様にして包む。
アドバイス
  • ・ドライトマトは塩分が強いものがあるので、ヒタヒタ程度のぬるま湯に漬けてもどすとよい(塩も抜ける)。
  • ・紙に包むときのポイントは中の空気が逃げないように端はぴっちり、且つふわっと包むこと。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ