2018年5月19日(土)

きびだんごとセロリの中華スープ

もちきび入りの肉だんごです

  • 印刷

材料(4人分)

▼きびだんご
 もちきび50g
 豚ひき肉200g
 しょうが汁小さじ1
 紹興酒大さじ1
 塩小さじ1/2
 長ねぎ(白い部分)10cm
 片栗粉小さじ2
▼スープ
  干し貝柱3個
  水4カップ
  ※貝柱は分量の水に半日から一晩浸してもどす
 しょうが1かけ
 セロリ1本
 セロリの葉少々
 木くらげ(乾燥)4g
 紹興酒1カップ
 塩小さじ1/2
●ごま油

作り方

1
きびだんごを作る。もちきびはゆでる(下記参照)。長ねぎはみじん切りにする。ボウルにひき肉を入れ、しょうが汁、紹興酒、塩を加え、手で粘りが出るまで混ぜ、もちきび、長ねぎ、片栗粉を加えてよく練り混ぜる。12等分してだんご状に丸めておく。
レシピ画像
2
スープを作る。もどした貝柱は手で細かくほぐす(もどし汁はとっておく)。しょうがは皮ごと薄切りにする。木くらげは水につけてもどし、石づきを除いて食べやすく切る。セロリはざっと筋をとって斜め薄切りにし、葉はざく切りにする。
3
鍋に貝柱ともどし汁、しょうが、紹興酒を入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら(2)のきびだんごを加える。アクが出たらすくいとり、15分ほど煮る。味をみて塩でととのえ、木くらげとセロリを加え、ひと煮立ちさせて火を止める。
レシピ画像
4
器に盛り、ごま油少々をまわしかける。
もちきび
桃太郎のお話しに登場する「きびだんご」でおなじみのきび。もち性のきびは、軽い苦みと甘みがあり、粘りが強く、冷めてももちもち感が残る。穀物の中でいちばんカロリーが低く、良質のミネラル分とビタミンB群が豊富で、黄色い色素はポリフェノール。白米に混ぜて炊くほか、ゆでていろいろな料理に使える。
ゆで方
もちきびはよく洗う(苦みが軽減される)。たっぷりの湯を沸かして塩少々を加え、もちきびを入れて吹きこぼれない程度の火加減で5分ゆで、ザルに上げて水で洗う。使う料理によっては洗わずに、ザルに上げて粗熱をとる。
アドバイス
  • ・もちきびは粒が小さいので目の細かいザルを使ってよく洗いましょう。
  • ・ゆでるときは大きめの鍋でたっぷりの湯で!

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ