2018年10月1日(月)

鮭と小松菜の混ぜごはん

自家製鮭フレークに挑戦してみよう

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:368kcal
  • ・塩 分:1.5g

印刷する

本日のもう一品:鶏ささ身とあおさの汁もの

材料(4人分)

ごはん(温かいもの)600g
▼鮭フレーク(作りやすい分量)※半量を使用
 生鮭4切れ(360g)
  (塩小さじ1/2)
 酒大さじ1
 しょうゆ大さじ1
小松菜250g
小さじ1/2
●ごま油、油

作り方

1
鮭フレークを作る。鮭は塩をふり、魚焼きグリルなどで両面を焼き、皮と骨を除いて身をほぐす。
レシピ画像
2
鍋にごま油小さじ2を熱し、(1)の鮭を入れて菜箸を3~4本使って炒り、油がまわったら酒としょうゆを加え、汁気がなくなるまで炒りつける。
レシピ画像
3
小松菜は茎と葉先に分け、茎は細かく刻み、葉先は縦3~4等分に切ってから細かく刻む。ともに水にさっとさらし、ザルに上げて水気をきり、さらにペーパータオルで水気をふく。
レシピ画像
4
フライパンに油大さじ1+1/2を熱し、(3)の小松菜を入れ、塩をふり、カサが減って水気がなくなるまで炒める。
レシピ画像
5
ごはんに(2)の鮭フレーク、(4)の小松菜を加えてさっくりと混ぜる。
鮭フレークの保存は
鮭フレークの残りは、保存容器に入れ、冷蔵庫で4~5日保存可能。チャーハンや混ぜずし、あえものに入れても美味。
アドバイス
  • ・生鮭は塩をふってすぐに焼き、しっとり火が入ったくらいが目安(カリカリに焼かなくでOK)。
  • ・小松菜は刻んだら水にさっとくぐらせてアクをとり、水気をよくふき強火で水分がなくなるまで炒め、シャキシャキ感を残すこと。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ