2018年12月8日(土)

ひよこ豆とひき肉のドライカレー

エスニックテイスト、作りおきもOK

  • 印刷

材料(4人分)

ひよこ豆(ゆでたもの、または蒸したもの)200g
合びき肉250g
 (塩7g カレー粉大さじ1+1/2)
 にんにく1/2かけ
 しょうが1+1/2かけ
 セロリ70g
 玉ねぎ50g
 にんじん70g
ココナッツミルク1/2カップ
ライムリーフ(乾燥)2g
ガラムマサラ大さじ1/2
砂糖15g
ごはん(温かいもの)適量
●油

作り方

下準備
ライムリーフはフードプロセッサーにかけてパウダー状にする。
1
ひき肉に塩とカレー粉を加えてもみ込み、しばらくおいてなじませる。
レシピ画像
2
ひよこ豆は水気をきって粗みじん切りにする。
レシピ画像
3
フードプロセッサーに、にんにく、しょうがを入れて粗みじん切りにし、セロリ、玉ねぎ、にんじんを順に加えて、さらにみじん切りにする。
レシピ画像
4
鍋に油大さじ2を熱して(3)を加え、水分がなくなるくらいまで焦がさないように混ぜながら炒める。
レシピ画像
5
(2)のひよこ豆、ココナッツミルクを加えて炒める。パウダー状のライムリーフとガラムマサラを加えてさらに炒め、火からおろす。
レシピ画像
6
フライパンに油少々を熱し、(1)のひき肉を焼きつけるように炒める。ザルに上げ、余分な脂を除く。
レシピ画像
7
(5)の鍋に(6)を加えてよく混ぜ合わせ、最後に砂糖を加えて味をととのえる。器にごはんとともに盛る。
レシピ画像
ひよこ豆
ガルバンゾとも呼ばれる。ホクホクした食感があり、サラダやスープ、煮込み料理などに用いられる。ペーストにした中東の「フムス」も有名。ドライパックの蒸し豆のほか、水煮のパックや缶詰などが市販されている。乾燥豆を使う場合は、ひよこ豆を一晩水につけてから、やわらかくなるまでゆでて用いる。
ライムリーフ
レモンに似た柑橘系の爽やかな香りがある。別名バイマックルー(こぶみかんの葉)と呼び、生葉も用いられる。ここでは乾燥をパウダーにして使用。タイ料理をはじめ、東南アジアの料理によく使われる。スープやカレーに欠かせないハーブで、肉や魚料理に向く。
アドバイス
  • ・ひよこ豆はザクザク刻んで、不揃いでOK、存在感を残しましょう。
  • ・野菜は水分がなくなるまでパラパラに炒めておくことが大切。
  • ・ひき肉はパラパラにならなくてOK、上から押さえるようにして炒め、必ずザルに上げて余分な脂を除くこと(豆と野菜と肉のそれぞれの味が残る、また脂が残っていると胸焼けのモトに)。
  • ・ココナッツミルクとライムリーフがエスニックポイント!

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ