2018年12月18日(火)

鶏肉とほうれん草のじぶ煮

石川県の郷土料理、じぶじぶと煮る!

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:296kcal
  • ・塩 分:2.4g

印刷する

材料(4人分)

鶏もも肉(大)1枚(300g)
ほうれん草(大)1わ(300g)
車麩8個(40g)
▼煮汁
 だし汁2+1/2カップ
 砂糖大さじ2
 酒大さじ2
 しょうゆ大さじ3
 塩少々
片栗粉大さじ1/2(倍量の水で溶く)
おろしわさび適量
●片栗粉、ごま油

作り方

1
車麩はたっぷりの水に10分ほどつけてもどす。1個ずつしっかり水気を絞る。
2
鶏肉は筋と余分な脂を除き、一口大のそぎ切りにする。
3
ほうれん草は根元に十文字の切り目を入れて洗い、5cm長さに切り、茎と葉先に分け、根元は切り目から裂く。
4
鍋にたっぷりの湯を沸かし、ほうれん草を茎、葉先の順に加えてさっとゆで、ザルに上げて粗熱をとる。
5
フライパンにごま油大さじ1+1/2を熱し、鶏肉に片栗粉大さじ2をまぶして皮目を下にして並べ、両面を3~4分焼く。煮汁の材料を加え、煮立ったらアクをすくう。すき間に車麩を入れ、ふたをして弱火で5分ほど煮る。
6
水溶き片栗粉でとろみをつけ、水気を絞った(4)のほうれん草を加えて温める。器に盛り、おろしわさびをのせる。
アドバイス
  • ・治部煮は鶏肉にまぶした粉で汁に濃厚なとろみと麩を使うのが特徴。
  • ・車麩は十分もどして両手にはさんで水気を絞ります。
  • ・車麩がなければほかの麩を使ってOK。
  • ・鶏肉にまぶす片栗粉がとろみのモトになるので、分量を守ること。
  • ・だしを含んだ車麩は、肉に負けないおいしさです!
  • ・旬素材のほうれん草もたっぷりとつけ合わせましょう。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ