2018年12月29日(土)

野菜のうま煮

今年は甘さ控えめ、食べきりスタイル

  • 印刷
本日のもう一品:にんじんとあんずの甘煮

材料

干し椎茸(小)8枚(15g)
里芋600g
ごぼう100g
れんこん300g
にんじん80g
こんにゃく1枚(200g)
絹さや20g
▼煮汁
 だし汁3~3+1/2カップ
 淡口しょうゆ大さじ2+1/2
 砂糖大さじ1
 みりん大さじ2
●塩、ごま油

作り方

1
干し椎茸は水につけて一晩冷蔵庫においてもどし、軸を切る。
2
里芋は皮をむいて2~3等分にし、塩少々をふってもみ、水で洗ってぬめりをとる。水から入れて10分ほどゆで、ザルに上げて水気をきる。こんにゃくは塩小さじ1をふってもみ、洗う。両面に浅く斜めに切り目を入れ、1.5cm角に切る。水から入れて煮立ってからひとゆでし、ザルに上げて水気をきる。
3
ごぼうは皮をこそげて洗い、乱切りにして水に20分ほどさらしてアク抜きし、水気をきる。れんこんは皮をむいて4つ割りにしてから乱切りにし、水にさらしてアク抜きし、水気をきる。にんじんは一口大の乱切りにする。
4
鍋にごま油大さじ1+1/2を熱し、(3)のごぼう、れんこん、にんじんを炒め、だし汁を注ぎ、(1)の椎茸、(2)の里芋とこんにゃくを加え、落としぶたをして弱めの中火で20分煮る。
5
絹さやは筋をとって塩ゆでし、斜め半分に切る。
6
(4)に淡口しょうゆ、砂糖、みりんを加え、煮汁が少し残るまでさらに15~20分煮る。器に盛り、(5)の絹さやをあしらう。
保存
保存容器に入れ、冷蔵庫で3~4日保存可能。絹さやは、盛りつけるときにあしらう。
アドバイス
  • ・鶏肉はあえて加えず、砂糖の量も少なめの煮ものです。
  • ・椎茸のもどし汁も使わずすっきりとした味わいに。
  • ・里芋はくずれやすいので一番上にのせて煮るとよい。
  • ・絹さやのあしらいを忘れずに(これで一気におせちに)

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ