2019年3月13日(水)

さばのサムパプ

雑穀ごはんと葉っぱに巻いて食べるのです

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:678kcal
  • ・塩 分:1.4g

印刷する

材料(4人分)

▼雑穀ごはん
 米1合
 雑穀ミックス1/2合
 水350ml
さば(三枚おろし)1尾分(500g)
 (しょうが汁、酒、ごま油各大さじ1/2)
1個
▼たれ
 コチュジャン大さじ1
 砂糖大さじ1
 しょうゆ大さじ1
 粉唐辛子(粗びき)大さじ1/2
 おろしにんにく1かけ分
 水1/2カップ
万能ねぎ6本
サンチュ10枚
えごまの葉10枚
●小麦粉、油

作り方

1
雑穀ごはんを炊く。米は洗ってザルに上げて水気をきる。雑穀ミックスは目の細かいザルに入れて洗い、米と合わせて炊飯器に入れ、分量の水を加えて30分浸水させてから炊く。
2
さばは、あれば腹骨をすきとり、小骨は骨抜きで抜く。縦半分に切ってから3cm幅に切る。しょうが汁、酒、ごま油を加えてからめ、20分以上おく。
レシピ画像
3
たれの材料を混ぜ合わせておく。万能ねぎは3cm長さに切る。卵はよく溶いておく。
レシピ画像
4
(2)のさばの汁気をふき、小麦粉を薄くまぶす。フライパンに油大さじ3を熱し、さばに溶き卵をからめ、皮目を下にして並べていく。3分ほど両面をこんがりと焼いて火を通し、とり出す。
レシピ画像
5
フライパンをきれいにふき、(3)のたれを入れて煮立て、(4)のさばを戻し入れ、汁気がなくなるまで煮からめる。仕上げに万能ねぎを加え、手早く混ぜ合わせる。
レシピ画像
6
器に(5)を盛り、サンチュ、えごまの葉、(1)の雑穀ごはんを添える。サンチュとえごまの葉に、雑穀ごはんとさばをのせて包んで食べる。
アドバイス
  • ・さばは新鮮なうちに切って、下味につけること(一晩おいてもOK)。
  • ・サムパプとは韓国語でサムは包む、パプはごはんの意、葉野菜でごはんを包んで食べる料理のこと。
  • ・サンチュやえごまの葉をたっぷり添えて、巻いていただきましょう。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ