2019年5月6日(月)

広島風お好み焼き

連休最後はホットプレートフル活用でいこう

  • 印刷

材料(4人分(2枚分))

▼生地
 小麦粉1/2カップ
 砂糖小さじ1/2
 塩少々
 水1/2カップ
 溶き卵1/2個分
キャベツ300g
わけぎ2本
もやし(根切り)1/2袋(100g)
いか天1枚(13g)
中華生めん2玉(260g)
豚バラ肉(薄切り)150g
2個
削りがつお1パック(3g)
とろろ昆布5g
しょうゆ小さじ2
中濃ソース適量
●油

作り方

1
生地を作る。ボウルに小麦粉、砂糖、塩を入れて泡立て器でよく混ぜる。さらに分量の水、溶き卵を加えてなめらかに混ぜ、ラップをかけて室温に30分以上おく。
2
キャベツは5~6cm長さ、7~8mm幅に切る。わけぎは薄い小口切りにし、葉元と葉先に分けておく。もやしは水につけてシャキッとさせ、水気をきる。いか天は1cm幅に折る。
3
鍋に湯を沸かし、ほぐしためんを入れて表示時間通りにゆで、ザルに上げて湯をきる。
4
お好み焼きは1枚ずつ焼き(下記のお好み焼きの焼き方参照)、食べやすく切り分けて食べる。
いか天
のしいかに衣をつけて揚げたもので、おつまみ用として売られている。
お好み焼きの焼き方
a
ホットプレートを180℃に熱し、油を薄くぬり、(1)の生地を玉じゃくし1杯強(60~70ml)入れて丸く広げる。
b
削りがつお、とろろ昆布を散らす。
c
キャベツ、もやしをのせ、いか天、わけぎの葉元を散らす。
d
(1)の生地を、玉じゃくし1/2杯ほど(30~40ml)まわしかける。
e
豚肉を広げて全体にのせ、ふたをして(お好み焼きがつぶれてもOK)160℃に下げて15分蒸し焼きにする。
f
お好み焼きを返して端に寄せる。
g
ホットプレートをふき、あいているところに油小さじ1を熱し、(3)のめんを炒めてしょうゆ小さじ1を加える。
h
めんを丸くまとめ、お好み焼きをスライドして上にのせ、めんがカリッとするまで焼く。
i
あいたところに油を薄くぬり、卵を割り入れ、卵黄をつぶして焼く。
j
お好み焼きをめんごとスライドして卵焼きの上にのせる。
k
上下を返して卵焼きを上にする。
l
中濃ソースをかけ、わけぎの葉先を散らし、好みでマヨネーズをかける。同様にもう1枚焼く。
アドバイス
  • ・粉類は水を加える前に泡立て器でよく混ぜておくとよい(ダマにならないように、ふるう代わりに混ぜて)。
  • ・中華めんは太めのものを、1枚につき1玉使います。
  • ・わけぎは葉先と根元に分けておきます。
  • ・キャベツは太め、短めのせん切りにします。
  • ・いか天が味のアクセントに、おわすれなく。
  • ・ターナーは2本用意します。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ