2019年5月18日(土)

いわしかば焼き缶とグリンピースの炊き込みごはん&さば缶とトマトのパン粉焼き

缶汁もしっかり活用

  • 印刷

材料(4人分)

■いわしかば焼き缶とグリンピースの炊き込みごはん
いわしかば焼き缶2缶(140g)
2合
グリンピース(さやつき)200g(正味100g)
しょうがのせん切り2かけ分
大さじ1
小さじ2/3
■さば缶とトマトのパン粉焼き
さば水煮缶2缶(360g)
トマト2個(300g)
玉ねぎ1/2個(100g)
 にんにくのみじん切り1かけ分
 白ワイン大さじ4
 塩小さじ2/3
 オリーブ油大さじ2
パン粉大さじ2
粗びき黒こしょう適量
バジル適量

作り方

1
いわしかば焼き缶とグリンピースの炊き込みごはん
  1. 米は洗ってザルに上げ、30分おく。
  2. いわしはボウルで受けたザルにあけ、缶汁といわしに分ける。缶汁に酒と水を加えて400mlにする。
  3. グリンピースはさやから出し、洗って水気をきる。
  4. 鍋に(1)の米を入れ、(2)のいわしとしょうがをのせ、酒と水を足した缶汁と塩を加える。ふたをして強火にかけ、煮立ったら弱火にして12分炊く。火を止め、グリンピースを加えてさらに15分蒸らす。
  5. さっくりと混ぜて、器に盛る。
2
さば缶とトマトのパン粉焼き
  1. トマトは1cm角に切り、玉ねぎは縦薄切りにする。ともにボウルに入れ、にんにく、白ワイン、塩、オリーブ油を加えて混ぜる。
  2. 耐熱の器にさばを缶汁ごと入れて広げ、(1)をのせてパン粉を散らす。予熱したオーブントースターで、パン粉に焼き色がつくまで10分ほど焼く。
  3. 粗びき黒こしょうをふり、ちぎったバジルを散らす。
いわしかば焼き缶
生のいわしの頭や腹ワタを除いて焼いて缶に詰め、調味料を加えて高温加熱したもの。
缶詰の賞味期限
缶詰は加工品の中でも長期にわたって保存ができる。賞味期限は3年が目安で、缶詰の上部か底のどちらかに表示されている。
アドバイス
  • ・炊き込みごはんのいわしの身はほぐさず、そのままのせて炊きます。
  • ・しょうがはたっぷり2かけ使います。
  • ・グリンピースは歯ごたえが残るようにごはんの炊きあがり、蒸らし時間に投入すること。
  • ・パン粉焼きのさばの身は形が残るように大きくほぐして皿に並べます。
  • ・焼き上がりの目安はさばが熱くなるまで、玉ねぎはシャキシャキ感が残っていてもOK。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ