2019年7月16日(火)

切り昆布の五目煮

主役は昆布です、塩味を効かせた夏おかず

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:228kcal
  • ・塩 分:2.7g

印刷する

材料(4人分)

切り昆布(もどしたもの)300g
豚肉(切り落とし)150g
にんじん1/2本(60g)
さやいんげん50g
さつま揚げ3枚(150g)
 水1カップ
 酒大さじ2
 しょうゆ大さじ1+1/2
 砂糖大さじ1+1/2
 塩小さじ1/4
●油

作り方

1
切り昆布はさっと洗い、水気をきる。長いものは食べやすい長さに切る。
2
豚肉は2cm幅に切る。にんじんは縦半分に切ってから斜め薄切りにする。さやいんげんはヘタを切り落とし、3cm長さに切る。
3
さつま揚げはザルにのせ、熱湯をまわしかけて油抜きをする。冷めたら半分に切ってから1cm幅に切る。
4
鍋に油大さじ1を熱し、豚肉とにんじんを炒め、肉の色が変わったら分量の水と酒を加える。煮立ったらアクを除き、さやいんげん、切り昆布、さつま揚げの順に重ね入れ(混ぜない)、ふたをずらしてのせ、弱めの中火で8分煮る。
5
ふたをはずし、しょうゆ、砂糖、塩を加え、中火にして、ときどき混ぜながら汁気がほんの少し残るくらいまで煮る。
切り昆布(もどしたもの)
細く切った昆布を、薄くすいて乾燥させたもの(すき昆布)がもどして売られている。刻み昆布と呼ぶこともある。
アドバイス
  • ・乾燥の切り昆布を使う場合は袋の表示通りにもどします(もどすと約3倍の重量になります)。
  • ・にんじんは薄めに切って煮る時間を短縮します。
  • ・さつま揚げが味出し役の1つです、熱湯をかけて油抜きをしてすっきり煮ましょう。
  • ・具に火を通してから調味料を加えるのがポイント、いんげんを食べてみてやわらかくなっていたら調味料を加え、汁気がほぼなくなるまで煮ること。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ