2019年8月26日(月)

ゴーヤ、ひき肉、ザーサイの混ぜごはん

ゴーヤの苦みを和らげてみんなで食べましょう

  • 印刷
本日のもう一品:卵とにらのスープ

材料(4人分)

2合
豚ひき肉200g
ゴーヤ(苦瓜)1本(280g)
パプリカ(赤)1/4個(50g)
ザーサイ(味つき)50g
大さじ2
しょうゆ大さじ1+1/2
小さじ1/4
●ごま油

作り方

1
米は洗い、ザルに上げて30分ほどおく。炊飯器に入れて2合の目盛りまで水を加え、普通に炊く。
2
ゴーヤは縦半分に切って種とワタを除き、さらに縦2~3等分に切り、横5mm幅に切る。パプリカはヘタと種を除き、横5mm幅に切る。ザーサイは粗みじん切りにする。
3
フライパンにごま油大さじ1を熱し、ひき肉を入れて強めの中火でポロポロになるまで炒める。
4
パプリカ、ゴーヤ、ザーサイを加えてさっと炒め、酒を加えて2~3分炒める。ゴーヤが固い場合は、水大さじ1を加えてさらに炒め、やわらかくなったら、しょうゆ、塩を加えて炒め合わせる。
5
炊き上がったごはんをざっくり混ぜ、(4)を加えて混ぜ合わせる。
こんな食べ方もおすすめ
豆腐にのせて
食べやすく切った絹ごし豆腐に、炒めた具(上記参照)適量をかける。
そうめんにのせて
ゆでたそうめん1束分に、ごま油とオイスターソース各小さじ1/2をからめ、炒めた具(上記参照)適量を電子レンジで温めてのせ、あえて食べる。
アドバイス
  • ・ゴーヤの苦みを押さえるポイントは時間をかけて炒め、やわらかくなったら調味をしっかりすること(味見をして確認を)。
  • ・ゴーヤはごはんになじむようい小さく切り、パプリカもゴーヤと大きさを揃えます。
  • ・炒めた具はごはんに混ぜるほかに、豆腐にのせたり、ゆでたそうめんにのせてあえ麺にしてもおいしい。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ