2019年8月30日(金)

じゃが芋、いんげん、コンビーフのビネガー炒め 目玉焼きのせ

大好きなじゃが芋とコンビーフに夏野菜をプラス

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:330kcal
  • ・塩 分:1.0g

印刷する

材料(4人分)

じゃが芋3個(450g)
さやいんげん70g
コンビーフ1缶(100g)
とうもろこし1本(正味180g)
にんにく1かけ
フリルレタス3~4枚(60g)
 白ワインビネガー大さじ2+1/2
 塩小さじ1/3
 こしょう少々
2個
●オリーブ油

作り方

1
じゃが芋は皮ごと水にくぐらせ、1個ずつふんわりとラップで包み、電子レンジ(500W)に5分かける。上下を返してさらに4分かける。皮をむき、2cm厚さのいちょう切りにする。
2
コンビーフはほぐす。とうもろこしは長さを2~3等分に切り、切り口を下にして立て、包丁で実をこそげとる。さやいんげんはヘタを切り、3cm長さに切る。にんにくはつぶす。
3
フリルレタスは食べやすくちぎり、器に敷く。
4
フライパンにオリーブ油大さじ2を熱し、(1)のじゃが芋を広げ、にんにくを入れ、こんがりと焼きつけるように5~6分炒め、いったんとり出す。にんにくは除く。
5
フライパンをきれいにふき、オリーブ油大さじ1を熱し、さやいんげん、とうもろこしを入れ、強めの中火で火が通るまで3分ほど炒める。(4)のじゃが芋を戻し入れ、コンビーフを加え、白ワインビネガー、塩、こしょうを加えて炒め合わせ、(3)の器に盛る。
6
フライパンをきれいにふいてオリーブ油大さじ1を熱し、卵を割り入れ、ふたをずらしてのせて半熟の目玉焼きを2個作り、(5)にのせる。
アドバイス
  • ・じゃが芋は電子レンジで加熱して、温かいうちに皮をむき、芽も取り除きます。
  • ・いつもの炒めものと差をつけるポイントは白ワインビネガー!スッキリさわやかな仕上がります(なければ酢で代用を)。
  • ・にんにくは焦げる前に取り出します、コンビーフはほぐしながら炒めましょう。
  • ・目玉焼きは半熟がおすすめ、黄身をからめながらいただきます。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ