2019年9月21日(土)

わらびもち

最高のプルプル食感を捧ぐ

  • 印刷

材料(8個分)

本わらび粉25g
125ml
グラニュー糖75g
こしあん(市販品)200g
きな粉適量
※ここでは焦がしきな粉を使用。

作り方

下準備
・シリコンシートや大きめのバットに、きな粉をたっぷりとふる。
・こしあんは8等分(1個25g)し、丸める。
レシピ画像
1
鍋にわらび粉を入れ、分量の水を少しずつ加え、指で粒をつぶしながら溶かし、グラニュー糖を加える。
レシピ画像
2
強火にかけ、木ベラで底から絶えず混ぜながら煮る。
レシピ画像
3
生地が固まってきたら、弱火にし、さらにツヤが出て透明になるまで練り混ぜる。
レシピ画像
4
生地を鍋の中で集めてまとめ、きな粉をふったシートの上にとり出す。
レシピ画像
5
生地の中にきな粉が入らないようにしながら、半分に折る。
レシピ画像
6
きな粉をまぶしながら、8等分にちぎる(熱いので注意)。
レシピ画像
7
1つずつあんを包む。生地を手にのせ、生地を押して丸くのばし、あんを1個のせる。
レシピ画像
8
再びきな粉の上に置いて、下の面にきな粉をまぶしつける。
レシピ画像
9
生地が上になるようにして、下からあんをつまむように持ち、生地の重さで自然に下にのばす。
レシピ画像
10
生地が下までのびたら、反対の手にのせる。生地の端を指でつまんでしっかりと閉じる。
レシピ画像
11
閉じ目を下にして形を整える。上からきな粉をふる。
レシピ画像
食べごろ
作った日。

※食べる30分ほど前に冷蔵庫に入れて冷やす。冷やしすぎると食感が悪くなるので注意。
本わらび粉
わらび粉は、山野に自生するわらびの根からとったでんぷん。でんぷんの中では最も粘りがある。わらび粉100%の本わらび粉は、生産量が少なく貴重なもので、ほかのでんぷんを混ぜたものをわらび粉、わらびもち粉と呼んで区別している。
アドバイス
  • ・わらび粉は100%わらび粉の本わらび粉と表記されているものを求めます。
  • ・わらび粉は水を加えてダマが残らないようにつぶすこと。
  • ・火加減は最初は強火で混ぜながら煮、底から半透明の塊が出来てきたら弱火にします。
  • ・生地が熱いうちに等分にちぎります、このとき手にもきな粉をまぶしながら作業するとよい。
  • ・包む作業も温かいうちに!生地の重みでのばす!途中ベタベタしてきたらきなこをまぶします。
  • ・食べたときの“ひんやり感”もおいしさのうち、食べる前に必ず冷やすことを忘れずに!

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ