2019年9月28日(土)

抹茶の浮島

和風のスポンジケーキのようなしっとり感

  • 印刷

材料(14×11cmの流し缶1台分)

1個
砂糖30g
白あん(市販品)145g
 薄力粉5g
 上新粉5g
 抹茶小さじ1(2g)
あずきの甘納豆40g

作り方

下準備
・蒸し器に水を入れて火にかけ、ふたはふきんで包む。
・流し缶の底にオーブンペーパーを2枚重ねて敷く。
・卵は卵黄と卵白に分け、それぞれボウルに入れる。
レシピ画像
1
卵黄に砂糖の半量をふるい入れ、泡立て器で白っぽくなるまですり混ぜる。
レシピ画像
2
白あんを加えて、なめらかになるまで混ぜる。
レシピ画像
3
薄力粉、上新粉、抹茶を合わせ、ふるいながら加える。
レシピ画像
4
泡立て器で、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
レシピ画像
5
卵白を泡立て、途中で残りの砂糖を2回に分けてふるい入れ、そのつどしっかり泡立て、角がピンと立つ固いメレンゲを作る。
レシピ画像
6
生地を仕上げる。(5)のメレンゲの半量を(4)に加え、ゴムベラでさっくりと混ぜる。
レシピ画像
7
メレンゲの白い筋が見えなくなったら、残りのメレンゲを加えて軽く混ぜ、甘納豆(飾り用に少量とりおく)を加える。
レシピ画像
8
メレンゲの白い筋が見えなくなるまで、ボウルの底から返すようにしっかりと混ぜる。
レシピ画像
9
流し缶に流し入れ、平らにならし、残りの甘納豆を散らす。
レシピ画像
10
蒸気が上がった蒸し器に入れ、菜箸をはさんでふたをして強火で10分蒸す。菜箸をはずしてふたを閉め、中火で10~15分蒸す。
レシピ画像
11
流し缶の周囲に包丁を入れ、オーブンペーパーを敷いた網の上にとり出す。底のオーブンペーパーをはがす(熱いので注意)。
レシピ画像
12
上下を返し、甘納豆がのっている面を上にして冷まし、好みの大きさに切り分ける。
レシピ画像
食べごろ
冷蔵庫で保存して2~3日間。
流し缶
くずもちや寒天液などを固めるときに使う型で、ステンレス製が一般的。今回は抜くときに使う中受けは、はずして使用する。
白あん
白いんげん豆を煮て砂糖を加え、練ったもの。粒が入った粒あんもあるが、市販されているもののほとんどはこしあんで、ここでもこしあんを使用。
上新粉
米粉の一種で、うるち米を洗い、乾燥させてひいたもの。もち米の粉に比べて粘りが少なく、独特の歯ごたえがある。だんごや柏もちに用いる。
アドバイス
  • ・流し缶にしくオーブンペーパーは2枚重ねたほうが型から取り出し易い。
  • ・粉類を加えてからは混ぜすぎないこと(粉っぽさがなくなればOK)。
  • ・蒸すときは始めの10分は菜箸をはさんですき間を作ることが大切、ぴったりしたままだとふくらみ過ぎに(後で凹む)。
  • ・蒸気で水滴が生地の上に垂れないように蒸し器のふたは布巾で包むこと。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ