2019年11月26日(火)

れんこんのはさみ揚げ

シャキっとふわっと、心地よい揚げものです

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:498kcal
  • ・塩 分:0.7g

印刷する

材料(4人分)

れんこん(直径6〜7cmのもの)約320g
 木綿豆腐(小)1丁(200g)
 白身魚のすり身200g
 玉ねぎ1/2個(100g)
 酒大さじ1
 塩、こしょう各少々
 片栗粉大さじ2
▼衣
 マヨネーズ大さじ2
 水1/3カップ
 小麦粉1/2カップ
 ベーキングパウダー小さじ1/2
 塩少々
●小麦粉、油

作り方

1
豆腐はペーパータオルに包み、重石(約1kg)をのせて30分おき、しっかり水きりをする。
2
玉ねぎはみじん切りにする。ボウルに白身魚のすり身を入れてゴムベラでよく練り混ぜ、(1)の豆腐を加え、手で練り混ぜる。玉ねぎ、酒、塩、こしょう、片栗粉を加えてさらに混ぜ、12等分する。
3
れんこんは皮をむき、5〜6mm厚さの輪切りを24枚用意する。両面に薄く小麦粉をまぶし、2枚1組にして(2)をはさみ、れんこんの穴の中にたねが入るようにしっかり押さえる。
4
衣を作る。ボウルにマヨネーズと分量の水を入れて混ぜ、小麦粉、ベーキングパウダー、塩を加え、泡立て器でよく混ぜる。
5
油を170℃に熱し、(3)に(4)の衣をつけて入れ、6〜7分かけてこんがりと揚げる。好みで辛子じょうゆをつけて食べても。
白身魚のすり身
すけとうだらなどの魚のすり身を主原料とし、食塩を加えて練ったもの。魚はほかにエソ類、グチ類、タイ類、ハモなども用いられる。練り製品特有の弾力とプリプリとした食感がある。ちくわ、かまぼこ、はんぺん、さつま揚げなどの加工品にも用いられる。
アドバイス
  • ・たねにすり身と一緒に豆腐を混ぜるとふっくら食感になります。
  • ・れんこんにたねを挟むときは手に水をつけるとよい。
  • ・衣にマヨネーズとベーキングパウダーが入るのでサックリとフリッターのような仕上がりになります。
  • ・揚げ始めは周りが固まるまで箸でさわらないこと。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ