2019年12月7日(土)

ラムとかぼちゃの煮込み

スパイスの香りで旅気分

  • 印刷

材料(4~6人分)

ラムチョップ8~10本(600~700g)
 (クミンパウダー、コリアンダーパウダー各小さじ2/3、塩小さじ1+1/2 小麦粉大さじ1+1/2)
かぼちゃ1/4個(正味400g)
玉ねぎ(大)1/2個(125g)
セロリ2/3本(70g)
レーズン40g
にんにく2かけ
クミンシード小さじ1/2
ローリエ1枚
アーモンド(ロースト)30g
香菜適量
●塩、オリーブ油
■ラムとかぼちゃのカレー(2人分)
ラムとかぼちゃの煮込み(上記参照)1/4量
 カレー粉小さじ2
 小麦粉小さじ2
小さじ1/3
こしょう少々
ごはん(温かいもの)400g

作り方

1
クミンパウダーとコリアンダーパウダーをよく混ぜ、ラムチョップにまぶして15分おく。塩をふってなじませ、小麦粉をまぶす。
2
かぼちゃは種とワタを除き、ヘタと皮の固い部分を切りとり、小さめの一口大に切る。玉ねぎは縦薄切りにし、セロリは斜め薄切りにする。レーズンは塩水に10分つけて洗い、ザルに上げる。にんにくはつぶし、あれば芯を除く。
3
フライパンにオリーブ油大さじ2を強めの中火で熱し、かぼちゃを入れて全面を焼き、焼き色がついたら、ペーパータオルにとり、油をきる。
4
(3)の残りの油にクミンシードとにんにくを入れて強めの中火で熱し、クミンシードのまわりに細かい泡が出てきたら、(1)のラムチョップを入れて片面を3分焼き、返して2分焼いて、焼き色をつける(途中、にんにくが焦げないように肉の上にのせる)。
5
ラムチョップとにんにくは鍋に移す。(4)のフライパンに玉ねぎとセロリを入れて強めの中火で炒め、しんなりしたら水3カップを加え、フライパンに残ったうまみをこそげるようにして煮立て、ラムチョップを入れた鍋に加える。(2)のレーズン、ローリエを加えて強火にかけ、煮立ったら、オーブンペーパーで落としぶたをし、鍋ぶたもして、中火で30分煮る。
6
(3)のかぼちゃを加えてひと混ぜし、再び落としぶたをし、鍋ぶたもして10分煮る。
7
器に盛り、粗く砕いたアーモンドを散らし、香菜を添える。
●保存は冷蔵庫で4日。1人分に対して水大さじ2を加えて温める。
8
ラムとかぼちゃのカレー
レシピ画像
  1. ラムとかぼちゃの煮込みは、ラムチョップの骨を除き、キッチンバサミで約1.5cm角に切る。
  2. カレー粉と小麦粉をよく混ぜておく。
  3. 鍋に(2)を入れ、弱めの中火で混ぜながら1分30秒空炒りする。湯1/2カップと(1)を加え、中火で混ぜながら3分煮て、塩、こしょうで味をととのえる。
  4. 器にごはんと(3)のカレーを盛り、好みでチリパウダーをふる。
クミンシード
セリ科の植物の種子。ほろ苦く個性的な芳香がある。中東からインドまで広がる地域に自生する。カレー粉にも配合されている。シードのまま用いるときは油で炒めて香りを引き出す。
ラムチョップ
生後12ヶ月未満の羊のロース肉を骨ごとカットされたもの。羊特有の匂いが少なく肉質もやわらかいのが特徴
アドバイス
  • ・ラムチョップは先にスパイスをまぶしておき、焼く直前に塩と小麦粉をふります(うま味が抜けてしまわないように)。
  • ・レーズンは塩水に浸けて汚れを除き、甘みを引き立たせます。
  • ・かぼちゃの表面に焼き色をつけて、煮崩れを防ぎます。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ