2019年12月14日(土)

のっぺ汁

日本各地に伝わる郷土料理です

  • 印刷

材料(4~6人分)

鶏もも肉1/2枚(120g)
干し椎茸5枚(15g)
さやいんげん8本(60g)
ごぼう1/3本(100g)
れんこん1/3節(100g)
里芋2~3個(正味130g)
にんじん2/3本(正味100g)
かまぼこ1/2本(60g)
▼煮汁
 だし汁(干し椎茸のもどし汁と合わせて)6カップ
 砂糖大さじ2
 酒1/4カップ
淡口しょうゆ大さじ2
小さじ1/2
●塩
■とろろのっぺのぶっかけ(2人分)
のっぺ汁(上記参照)1/5量
長芋80g
淡口しょうゆ小さじ1
麦ごはん(温かいもの)160g
三つ葉少々
●酢

作り方

1
鶏肉は皮をはがし(皮はとりおく)、余分な脂を除き、1cm角に切る。
2
干し椎茸はぬるま湯1カップでもどし、軸を除き、7mm角に切る。もどし汁はこして、だし汁と合わせる。
3
いんげんは塩ゆでし、7mm長さに切る。ごぼうとれんこんはタワシでこすって洗い、7mm角に切り、それぞれ水にさらしてアクを抜き、ザルに上げる。
4
里芋は皮をむき、にんじん、かまぼことともに、1cm角に切る。
5
鍋にいんげん以外の具材を入れてよく混ぜ、煮汁の材料を加え、(1)の鶏皮をのせて強火にかける。アクを除きながら煮立て、落としぶたをして中火で5分煮る。
6
淡口しょうゆを加え、落としぶたをし、鍋ぶたもしてさらに5分煮る。
7
鶏皮を除き、(3)のいんげんを加えて混ぜ、塩で味をととのえる。火を止めて冷めるまでおく。
●保存は冷蔵庫で4日。そのまま、鍋か、ふんわりとラップをして電子レンジで温める。
8
とろろのっぺのぶっかけ
レシピ画像
  1. 長芋は皮を厚めにむき、酢水に5分ほどさらし、すりおろす。
  2. ボウルに(1)、冷たいままののっぺ汁、淡口しょうゆを入れて混ぜる。
  3. 器に麦ごはんを盛り、(2)をかけ、ざく切りにした三つ葉をのせる。
アドバイス
  • ・鶏肉の皮もだしが出るので、一緒に加えて煮ます。
  • ・“のっぺ”昔から日本各地に伝わる郷土料理。根菜をたっぷりひと鍋で煮ます。寒い地方では凍るような場所に保存して冷たいまま食べることもあるそうです。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ