2019年12月16日(月)

ボイル帆立、厚揚げ、小松菜のオイスターソース炒め

師走の経済おかず、ボイル帆立活用レシピ

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:215kcal
  • ・塩 分:1.3g

印刷する

材料(4人分)

ボイル帆立(小)200g
絹厚揚げ2枚(250g)
小松菜1わ(200g)
長ねぎ1本(100g)
▼合わせ調味料
 水3/4カップ
 しょうゆ大さじ1/2
 オイスターソース大さじ1
 酒大さじ1
 砂糖小さじ1
 塩、こしょう各少々
 片栗粉大さじ1/2
●ごま油

作り方

1
ボイル帆立はペーパータオルで水気をふく。厚揚げもペーパータオルで水気をふき、1cm幅に切る。
2
小松菜は6cm長さに切り、葉先と茎に分け、長ねぎは斜め5mm幅に切る。
3
合わせ調味料の材料を混ぜておく。
4
フライパンにごま油大さじ1/2を熱し、厚揚げを並べて強めの中火で両面を2分ほど焼き、熱くなったらとり出す。
5
フライパンをきれいにし、ごま油大さじ1を熱し、長ねぎを強火でさっと炒める。小松菜の茎を加えて1分ほど炒め、小松菜の葉先とボイル帆立を加えてさっと炒める。厚揚げを戻し入れ、(3)を加えてとろみがつくまで炒め合わせる。
ボイル帆立
帆立貝を丸ごとゆでたもの。蒸したものもあり、蒸し帆立と呼ぶこともある。大きめの場合は切るとよい。炒めものやシチューなどの煮込み料理に使う。
アドバイス
  • ・ボイル帆立はよく出回っている冷凍品でOKです。
  • ・厚揚げはやわらかい絹を使います。
  • ・小松菜に代わってチンゲンサイでもよい。
  • ・炒める前に厚揚げを先に焼いて中まで熱くしておくこと。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ