2019年12月26日(木)

祝い肴3種(田作り・たたきごぼう・酢れんこん)

  • 印刷

材料

■田作り
ごまめ1袋(60g)
 しょうゆ大さじ2
 みりん大さじ3
 酢小さじ1~1+1/2
 ごま油小さじ2
炒り白ごま大さじ3
■たたきごぼう
ごぼう(大)1本(250g)
▼あえ衣
 しょうゆ大さじ2
 みりん大さじ1
 炒り白ごま大さじ5
 酢大さじ1/2
●酢、酒
■酢れんこん
れんこん1節(200g)
▼甘酢
 水1/2カップ
 酢1/2カップ
 砂糖大さじ1
 塩小さじ1
 赤唐辛子(種を除く)1/2本
●酢

作り方

1
田作り
レシピ画像
  1. フライパンにごまめを入れ、焦がさないように混ぜながら弱めの中火で空炒りする。1尾とり出して、パリッと割れるまで水分が飛んだらバットにとり出す。
  2. 続けてフライパンにしょうゆ、みりん、酢を入れ、弱めの中火で煮立て、とろみがついたらごま油を加え混ぜる。(1)をくずが入らないように手ですくって加え、全体にからめ、炒り白ごまをふる。オーブンペーパーを敷いたバットに広げて冷ます。
保存
保存容器に入れ、冷蔵庫で約1週間保存可能。
2
たたきごぼう
レシピ画像
  1. ごぼうは皮をタワシでこすって洗い、約15cm長さ(鍋に入る長さ)に切り、太い部分は縦半分か4等分に切る。酢少々を加えた水に5分ほどさらす。
  2. ごぼうの水気をきって鍋に入れ、酒大さじ1とかぶるくらいの水を加えて火にかける。沸騰したら弱めの中火にし、ふたをしてごぼうがやわらかくなるまで10~15分ゆでる。
  3. 小鍋にあえ衣のしょうゆ、みりんを入れ、弱めの中火にかけてひと煮立ちさせる。
  4. すり鉢に炒り白ごまを入れて粒が残る程度の半ずりにし、(3)と酢を加えて混ぜる。
  5. ごぼうをザルに上げて水気をきる。まな板にのせ、すりこ木でたたいてひびを入れ、長さを2〜3等分に切る。ごぼうが熱いうちに(4)に加えてあえる。
保存
保存容器に入れ、冷蔵庫で4~5日保存可能。
3
酢れんこん
レシピ画像
  1. れんこんは皮をむき、2~3mm厚さの輪切りにし、酢少々を加えた水に5分ほどさらす。
  2. 熱湯に酢少々を入れ、水気をきったれんこんを加え、中火で1分30秒ほど透き通るまでゆでてザルに上げる。
  3. 鍋に甘酢の材料を入れて火にかけ、煮立ったら火を止め、温かい(2)を加えてなじませる。
保存
保存容器に甘酢ごと入れ、冷蔵庫で4~5日保存可能。
アドバイス
  • ・ごまめは五穀豊穣、子孫繁栄を願って作られます。
  • ・必ず折ってみて、パリっと感を確認すること。
  • ・ごまめを炒ったフライパンで調味料を煮詰める時は、ごまめを取り出しフライパンの汚れを拭きとっておきます。
  • ・ごぼうは大地に根をはるように、細く長くという堅実さを願って使われます。ごぼうをやわらかくゆでてから、熱いうちに叩いてあえるのがポイント(味がしみておいしくなる)。
  • ・れんこんは穴から先を見通せるように願いを込めた縁起ものです。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ