2020年1月18日(土)

バスク風チーズケーキ

こんがり焼き色とやわらか食感が魅力

  • 印刷

材料(直径15cmの丸型1台分)

クリームチーズ200g
プレーンヨーグルト80g
砂糖70g
2個
生クリーム200ml
薄力粉大さじ1

作り方

下準備
●オーブンを220〜230℃に予熱する。
※しっかり焼き色をつけたいので、火力の強いガスオーブンなら220℃、電気オーブンなら230℃に予熱する。
1
ボウルにザルをのせてペーパータオルを敷き、ヨーグルトを入れ、冷蔵庫に1時間ほどおき、半量の40gになるまで水きりをする。
2
オーブンペーパーを型よりひとまわり大きめ(約30×30cm)に切り、さっと水でぬらし、敷きやすいようにくしゃくしゃにする。型に入れて底を合わせ、型に沿わせて敷く。
レシピ画像
3
耐熱ボウルにクリームチーズを入れ、電子レンジ(500W)に40秒かけてやわらかくし、泡立て器でなめらかになるまで練る。砂糖を加えて混ぜる。
レシピ画像
4
卵を溶いて2回に分けて加え、そのつどよく混ぜる。(1)の水きりヨーグルトを加え、なめらかになるまで混ぜる。生クリームも加えて混ぜる。
レシピ画像
5
薄力粉をふるいながら加え、なめらかになるまで混ぜる。型に流し入れる。
レシピ画像
6
220〜230℃のオーブンで30分焼く。とり出して粗熱をとり、型のまま冷蔵庫で2時間以上冷やす。型から出し、オーブンペーパーをはがして食べやすく切り分ける。好みで塩と粗びき黒こしょうをふってもおいしい。
レシピ画像
クリームチーズ
牛乳に生クリームを加え、乳酸発酵させてホエイ(乳清)を除いたもの。熟成はさせず、乳酸菌がもたらすほのかな酸味となめらかな口当たりが特徴。バゲットやベーグルにぬったり、チーズケーキなどのお菓子作りに使われる。
<ワインのお供にもおすすめ>
一口サイズにカットして粗塩、黒こしょうをふってもよく合います
アドバイス
  • ・第一印象はドキっとするような焼き色ですが、このキャラメルのようなほろ苦い甘さと中のやわらかくてクリーミーな味わいが絶妙なバランスのケーキです。しっかり焼き色をつけることも大切なポイントです。
  • ・焼き上がってすぐはフルフル状態なので、必ず冷やしてからカットすること。
  • ・ヨーグルトの水気をきり過ぎた場合は、下に溜まった乳清をもどして40gにします。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ