2020年1月25日(土)

チーズスコーン

朝ごはんにもグーっ!

  • 印刷

材料(6個分)

▼生地
 薄力粉180g
 ベーキングパウダー小さじ1
 塩小さじ1/4
 砂糖大さじ1
 粉チーズ(パルメザン)40g
 オリーブ油大さじ2
  卵1個
  プレーンヨーグルト大さじ3
ミモレットチーズ20g
粉チーズ(パルメザン)適量

作り方

下準備
●ミモレットチーズはすりおろす。
●オーブンを190℃に予熱する。
1
生地を作る。卵とヨーグルトをよく混ぜる。
レシピ画像
2
ボウルに薄力粉、ベーキングパウダー、塩、砂糖、粉チーズを入れ、泡立て器でさっと混ぜる。
レシピ画像
3
オリーブ油を加え、カードでさっくりと混ぜる。そぼろ状になったら(1)を加え、カードで切るようにしてザクザクと混ぜる。
レシピ画像
4
ほぼまとまったら大きめに切ったオーブンペーパーの上にとり出し、四角く平らにならす。ミモレットチーズの半量を散らし、カードで半分に切り、折るようにかぶせる。もとの大きさになるように手で押してのばし、残りのミモレットチーズを散らして同様にする。
レシピ画像
5
余ったオーブンペーパーをかぶせ、厚みが1.5cmになるように手でざっとのばし、ペーパーを開いてめん棒で四角にのばし、6等分に切り分ける。
レシピ画像
6
オーブンペーパーごと天板に移し、間隔をあけて並べ、上に粉チーズ適量を散らす。190℃のオーブンで15~20分焼く。網に並べて粗熱をとる。
レシピ画像
粉チーズ(パルメザン)
ハードタイプのパルメザンチーズをおろして使いやすくしたもの。ここではパルメザンチーズ100%のものを使用。熟成させたうまみと独特の香りがあり、パスタやグラタンなどの料理にもよく使われる。
ミモレットチーズ
ミモレットチーズはフランス、フランドル地方産で、中も外側もオレンジ色をしている。プレスして水分を抜き、長期熟成して作るセミハードタイプ。奥深い山で作られるので山のチーズとも呼ばれる。同じセミハードタイプのコンテチーズなどを使っても。
アドバイス
  • ・型は使わず、包丁でカットして焼くスコーンです。
  • ・サクサクのポイントは生地を決して練らないこと!カードで切るようにして混ぜ、サクサクまとめること。
  • ・焼きたてが一番おすすめですが、冷めた場合はアルミ箔に包みオーブントースターで温めてどうぞ。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ