2020年1月29日(水)

鶏肉の粕みそ漬け焼き

しっとりジューシー、話題の発酵おかず

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:378kcal
  • ・塩 分:1.3g

印刷する

本日のもう一品:白菜ときんかんのサラダ

材料(4人分)

鶏もも肉2枚(600g)
▼酒粕みそ
 酒粕(板粕)100g
 水大さじ2
 みそ70g
 砂糖大さじ1
長ねぎ3本(300g)
●油

作り方

1
酒粕みそを作る。耐熱ボウルに酒粕をちぎって入れ、分量の水を加え、ふんわりとラップをして電子レンジ(500W)に1分30秒かける。とり出してなめらかになるまで混ぜ、みそ、砂糖を加えて混ぜ、冷ます。
レシピ画像
2
鶏肉は厚い部分に切り込みを入れて厚みを均一にし、筋と余分な脂を除く。
レシピ画像
3
ラップを2枚広げ、(1)の1/4量をそれぞれぬり広げ、鶏肉を1枚ずつのせる。鶏肉の上に残りの(1)の1/4量をそれぞれぬり広げる。ラップで包み、バットに並べて、冷蔵庫に半日以上(1日まで)おく。
レシピ画像
4
長ねぎは斜め1cm幅に切る。
5
(3)の酒粕みそを手でぬぐい落とす。フライパンに油少々を熱し、鶏肉の皮目を下にして並べ、焦がさないように2~3分焼く。返してさっと焼き、いったんとり出す。
レシピ画像
6
フライパンをきれいにし、油大さじ1を熱し、長ねぎを入れて強めの中火でさっと炒める。長ねぎを広げ、(5)の鶏肉の皮目を上にして並べ、ふたをする。蒸気が上がったら弱めの中火にして、肉に火が通るまで12〜15分蒸し焼きにする。
レシピ画像
7
鶏肉を食べやすく切って器に盛り、長ねぎを添える。
酒粕
酒粕は、日本酒のもろみを圧搾したあとに残る、白色の固形物のこと。絞ったそのままの板粕、やわらかなペースト状に練った練り粕などがあり、今回は板粕を使用している。アルコール分を5~8%含むため、子どもが食べる場合は酒粕みそをきれいにぬぐってから焼き、よく加熱してアルコール分を飛ばす。
アドバイス
  • ・練り粕を使う場合は電子レンジで加熱せずそのまま使ってOK。
  • ・加熱した酒粕はみそと砂糖を混ぜ、冷ましてから鶏肉を漬けること。
  • ・酒粕みそは焦げやすいので、肉を焼く前に必ず表面のみそをぬぐいとることを忘れずに。
  • ・また鶏肉の表面を焼いて一度取り出し、ねぎの上に鶏肉をのせて蒸し焼きにして中まで火を通します。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ