2020年2月8日(土)

マシュマロチョコバー

板チョコで作れます

  • 印刷

材料(13.5×18cmのバット1台分)

▼生地
 板チョコレート(ミルク)250g
 生クリーム(乳脂肪分30%台)70ml
 グランマニエ大さじ1
くるみ50g
マシュマロ(小さいもの)75g

作り方

下準備
●バットに合わせてオーブンペーパーを敷く。
くるみを焼く
1
天板にくるみを広げ、160℃に予熱したオーブンで15分焼く。粗熱をとり、粗く割る。
レシピ画像
生地を作る
2
板チョコレートは細かく刻んでボウルに入れ、ボウルの底を50〜60℃の湯に当てて(湯煎)軽く溶かす。
レシピ画像
3
小鍋に生クリームを入れ、沸騰直前まで温める。(2)のチョコレートを湯煎からはずして生クリームを加える。すぐに泡立て器で混ぜ、全体にムラがなくなりなめらかになったら、グランマニエを加えて混ぜ合わせる。
レシピ画像
4
マシュマロ、くるみを加え、ゴムベラでムラなく混ぜ合わせる。
レシピ画像
冷やし固める
5
バットに流し入れ、表面を平らにならす。ラップをかけて冷蔵庫で1時間ほど冷やし固める。
レシピ画像
6
オーブンペーパーごととり出し、オーブンペーパーをはずして好みの大きさに切り分ける。
アルコール分が気になる場合は、グランマニエの代わりに同量の牛乳で作ってもよい。

板チョコレート
そのまま食べることを前提に、カカオ分、砂糖以外のものも加えて作るチョコレート。カカオバター以外の植物性油脂も含まれているので、カカオ豆の香り、苦みなどは少ないが、手に入りやすくて手軽にチョコレート菓子が作れる。ナッツなどの混ぜものがない、シンプルなものを買い求めて。
プレゼントにも最適!
冷蔵庫で4〜5日保存できるので、早めに準備しても。小さめに切り分けて、ラッピングペーパーに1切れずつのせ、さらに箱に入れる。
アドバイス
  • ・チョコレートはお好みのもので、何も入っていないものを使います。
  • ・チョコレートをミルクとブラックとミックスしてもOK(マシュマロにはミルクがよく合います)。
  • ・チョコレートが溶けたら生クリームは一度に加えて、ツヤっとしてくるまで混ぜ続けること(乳化させる)。
  • ・型に流し、ゴムベラを縦に持ち、型の真ん中からゴムベラを上下に動かしながら四隅まで広げます(均一に広がる)。
  • ・カットするときは、包丁を上から押さえるようにして切ります(断面がきれいに)。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ