2020年2月21日(金)

豚肉とりんごのザワークラウト煮

自家製ザワークラウトは何かと楽しめます

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:398kcal
  • ・塩 分:3.3g

印刷する

材料(4人分)

豚肩ロース肉(とんカツ用)4枚(400g)
 (塩小さじ1 こしょう少々)
りんご(紅玉など)1個(250g)
ザワークラウト(下記参照)1/4量(約250g)
玉ねぎ1個(200g)
 白ワイン大さじ3
 ザワークラウトの漬け汁大さじ3
こしょう少々
あらびきマスタード適量
●小麦粉、バター
■ザワークラウト(作りやすい分量)
キャベツ1個(1kg)
20g
赤唐辛子1本
黒粒こしょう大さじ1

作り方

1
豚肉は5~6か所筋切りをし、塩、こしょうをふる。玉ねぎは縦半分に切り、縦薄切りにする。りんごは皮と芯を除き、8等分のくし形切りにする。
2
フライパンにバター40gを溶かし、(1)の豚肉に小麦粉を薄くまぶして入れ、両面をこんがりと焼き、とり出す。
3
(2)のフライパンに玉ねぎを入れてしんなりするまで炒め、りんごを加えて脂がまわるまで炒める。
4
煮込み用の鍋(酸に強い素材のもの)に、(3)、(2)の豚肉、軽く汁気をきったザワークラウトを入れ、白ワイン、ザワークラウトの漬け汁を加えて火にかける。煮立ったら、アクを除き、ふたをして弱火で30~40分煮る。こしょうと、好みで塩で味をととのえる。
5
器に盛り、マスタードを添える。
6
ザワークラウト
レシピ画像
  1. キャベツは3~4mm幅の細切りにする。赤唐辛子は半分にちぎり、種を除く。
    レシピ画像
  2. キャベツに塩をまんべんなくまぶし、黒粒こしょうと赤唐辛子を混ぜる。容器に入れ、平らな皿などをおいてキャベツの2倍の重さの重石をする。泡が出るまで室温に2~3日おく。
    レシピ画像
  3. 熱湯消毒した保存びんに移し、上から押して空気を抜き、漬け汁に浸っている状態にする。冷蔵庫で2か月保存が可能。
    レシピ画像
アドバイス
  • ・ザワークラウトのキャベツは太すぎず、細すぎずが理想です!
  • ・重石はキャベツの倍量の重さで、重石をしてなるべく早く水分を出すことが上手く発酵させるコツ。
  • ・ザワークラウトとザワークラウトの漬け汁も使って豚肉をやわらかく煮ます(漬け汁がない場合は水で)。煮込む鍋は酸に強い材質のものを選びます(ホーローやステンレス製のもの)。
  • ・豚肉は両面に筋切りを忘れずに!

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ