2020年3月3日(火)

ばらちらし

華やかにひな祭りを祝うなら

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:421kcal
  • ・塩 分:3.2g

印刷する

材料(4人分)

 米2合
 水360ml
  酢大さじ3
  砂糖大さじ1
  塩小さじ1+1/4
干し椎茸4~5枚(10g)
にんじん1/3本(50g)
▼煮汁
 水1/3カップ
 酒大さじ1/2
 みりん大さじ1/2
 砂糖大さじ1/2
 しょうゆ小さじ1
 塩少々
帆立貝柱(刺身用)5~6個(100g)
 (塩一つまみ)
昆布15cm(15g)
2個
 (砂糖大さじ1/2 塩少々)
むきえび50g
 (酒、水各大さじ1 塩少々)
まぐろ(刺身用)100g
 (しょうゆ小さじ1)
絹さや15g
焼きのり(全形)1枚
●塩、片栗粉、油

作り方

1
米は洗って水気をきり、分量の水とともに炊飯器に入れて30分浸水させ、普通に炊く。酢、砂糖、塩を合わせてすし酢を作る。
2
干し椎茸はさっと洗って水につけてもどす。軸を切り落とし、1cm大に切る。にんじんは1cm大の薄切りにする。ともに鍋に入れ、煮汁の材料を加えて火にかけ、煮立ったら落としぶたをして弱めの中火で7〜8分煮る。にんじんがやわらかくなったら落としぶたをはずし、煮汁がなくなるまで煮る。
3
昆布は5分ほど水につけてやわらかくもどし、ザルに上げて水気をきる。帆立貝柱は厚みを半分に切り、両面に塩をふる。昆布の上に帆立貝柱を並べて巻き、ラップで包み、冷蔵庫で冷やしておく。
4
卵焼きを作る。ボウルに卵を割りほぐし、砂糖、塩を加え混ぜる。卵焼き器をよく熱し、油を薄くひいて卵液の1/3量を流し入れて弱めの中火で焼き、表面が乾いてきたら半分に折る。残りの卵液を2回に分けて流し入れ、同様に焼く。粗熱をとって1cm角に切る。
5
えびは背ワタがあれば除き、片栗粉少々をまぶしてもむ。水で洗ってペーパータオルで水気をふき、1cm幅に切る。鍋に酒、分量の水、塩を入れて煮立ててえびを加え、ふたをしてさっと煮て、色が変わったら火を止めて冷ます。
6
まぐろは1cm角に切り、しょうゆをからめる。
7
絹さやは筋をとり、塩少々を加えた熱湯で色よくゆで、流水をかけて冷まし、1cm大に切る。
8
ごはんが炊き上がったら飯台に移し、(1)のすし酢をまわしかけてさっくりと混ぜ、粗熱をとる。
9
(3)の帆立貝柱は1cm角に切り、汁気がある具材は汁気をきる。(8)を器に盛り、焼きのりをちぎって散らし、上に具材を散らす。
アドバイス
  • ・合わせ酢は砂糖が溶けるように早めに混ぜ合わせておきます。
  • ・帆立はやわらかくもどした昆布にのせて巻き、昆布締めにします。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ