プレスリリース

一覧へ

2013年06月04日

「ドラマ「女王の教室」リメイク版
韓国で6月から放送開始」

 日本テレビ放送網株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:大久保好男、以下 日本テレビ)が、2005年7月~9月にかけて全11話で放送していた土曜ドラマ「女王の教室」の原作リメイク版が、韓国公営放送局MBC(Munhwa Broadcasting Corporation)の地上波チャンネルで、今年6月より放送されます。
 日本で話題を呼んだ放送から8年が経過した今、韓国で人気、実力ともにトップクラスの脚本家、演出家、そしてヒロイン役の女優が起用され、リメイク版が制作されます。MBCは、このドラマを子供たちの単純な成長物語ではなく、小学校6年生のクラス担任と子供たちとの緊張感ある関わりを通じて、韓国でも見られる社会権力構造の縮小版として描きたいと考えています。韓国のみならずアジアで、日本ドラマ人気を一層高める好機となることが期待されています。

20130604-1.jpg
◆韓国リメイク版 概要   
番組名「女王の教室」
放送2013年6月12日(水)開始予定
MBC地上波 水・木ドラマ枠(22時~)にて全16話分
脚本キム・ウォンソク/キム・ウンヒ <原作脚本:遊川和彦>
演出イ・ドンユン <原作演出:大塚恭司ほか>
主演コ・ヒョンジョン(「マ ヨジン」役) <原作主演:天海祐希>
制作MBC
契約先MBC(契約締結2011年9月)


20130604-2.jpg
「マ ヨジン」役(1971年生まれKoHyunJung)
2010年ドラマ「レディープレジデント~大物」以来、テレビドラマ出演は3年ぶり。


日本テレビ放送網株式会社 総務局 総合広報部