プレスリリース

一覧へ

2021年11月01日

日テレR&Dラボと文化創発集団KEEVIRが「突然変異」をコンセプトに異色のコラボレーション!

日テレR&Dラボと文化創発集団KEEVIRが
「突然変異」をコンセプトに異色のコラボレーション!

実験的取り組みとして、独特なディティールを組み込んだ
ファッションアイテム制作、および社内各所を背景とした撮影を実施致しました

 日本テレビ放送網株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長執行役員:杉山美邦、以下日本テレビ)のR&Dチーム“R&Dラボ”と、文化創発集団KEEVIRは、ファッション・カルチャーとテレビ局の組み合わせに着目し、「突然変異」をコンセプトに、共同実験としてファッションアイテムの制作・撮影を実施致しました。
 社内各所における、テレビの制作現場という秩序性を持ったシーンに、ファッション文脈による異質を出現させることで、新たな着眼点や価値の探求を狙います。
 また、制作したファッションアイテムは11/1より試験的に限定販売致します。

■コンセプト

突然変異 MUTANT

“「突然変異」をコンセプトに掲げ、テレビ局内から情緒的な実体を表出させる”

進化には目的がないのではないか?

とある観点から見れば、環境に適応し進化したものだけが、その種を存続しているように見える。

だが、それは突然変異によって引き起こされた新種が巧まずして淘汰されずに生存できただけではないのか。

目紛るしく変わる環境下で、生命体は予測不能かつ不可抗力の世界に存在しているのか。
世界が変貌する度に、生命体はその外形、生態系、意識を変えていかなければならないのか。

我々は妄想を重ねる。それらの生命体が残存できたのは環境適応のために進化が理由でなく、単純にその生命体が持ち合わせた形質が環境に合っていたからだけではないかと。
そして、淘汰の方向性に影響したのは環境の方であると。

今回のコラボレーションでは、テレビ局という情報伝播のために洗練された秩序性を放つ空間に、あえて不適合性質を組み合わせることで新しい着眼点や価値観を探りたいという魂胆がある。

テレビデバイス、テレビ局、会社組織、社会にも突然変異は有形、無形問わず起きてきたし、起きている。 それは、即効性があまりにもない突然変異という言葉で表される不均衡な浪漫で、あると憶って欲しい 。

■日本テレビロゴの「日」をモチーフに、突然変異の生じたDNAをイメージしたコラボレーションピクト

■ピンチングによる刺繍の様子。服の表裏を一部重ねて縫い合わせ、シルエットを刺繍で形作りました

■各アイテムは、下記ウェブサイトにて各種数量限定にて販売いたします)
https://store-keevir.square.site/s/shop

■画像・動画素材について

以下のURLよりダウンロードいただけます。
https://mega.nz/folder/Pm5QFIYJ#X0tXe8BhuYcKIlBAsEahfA

【取材のご希望、その他本件に関するお問い合わせ】
日本テレビ放送網(株)社長室R&Dラボ 担当 TEL: 070-4004-5753 E-mail: rd-lab@ntv.co.jp
KEEVIR PR担当 TEL: 080-5608-0969 E-mail: info@keevir.com


■参考情報
本コラボレーションについての情報は、以下のSNSアカウントでも発信しております。

【日テレ R&Dラボ】
note    https://note.com/ntvrdlab/
【KEEVIR】
Instagram https://www.instagram.com/keevir_/
Website  https://www.keevir.com/
 

日テレR&Dラボ https://note.com/ntvrdlab/
 日本テレビの社内ラボ組織。様々な将来予測や生活者動向・最新テクノロジーの調査を通して、社会やメディアの未来を想像し、実現していくために中長期目線でのR&D活動を行っています。また、領域を問わず様々なパートナー様と共創活動を行い、新たな価値創出を目指しています。活動に関する情報や、共創パートナー募集についてはnoteにて発信中。

文化創発集団KEEVIR https://www.keevir.com/
“THE PEOPLE MADE FAST FASHION FAST FASHION ”
「ファストファッションをファストファッションにしたのは人間だ。」
 KEEVIRはこの考えの基、ファストファッションを単面的に批判するのではなく構成する要素を分解し、その既存構造をハックすることがこのブランドが世界に存在する意義であり、その思想自体を纏って欲しいと考えています。
量産された衣服、OEMなどの各観点から実現可能性を改めて見直し、再構築したプロダクトを現出させています。
「ピンチング」という衣服の前身頃(表)と後身頃(裏)などを意図的に重ねて刺繍することで、衣服のシルエット、生地のハリを変化させたデザインが特徴。

(撮影協力)entrance WORKS
 新進気鋭のストリートフォトグラファー・イリグチケンタ率いる東京とベルリンに拠点を置くクリエイティブスタジオ。チームはアーティスト、スタイリスト、グラフィックデザイナーなどで構成され、その領域はファッション/ アートのみに限らず、広告制作、キュレーション、音楽製作など多岐に渡ります。クライアントはアーティストから企業まで様々。万能クリエイター達と共創し、実験的なアプローチでアートの可能性を提案しています。

以上
日本テレビ放送網株式会社 社長室 広報部