最新情報

2017年7月9日 - 放送内容』『新宿ベース基地 付近』『新宿区新宿御苑 付近』『新宿図鑑』を更新!

放送内容

新宿にあるTOKIOのベース基地に咲いた、明雄さんから頂いたカブの花。
達也「アブラナ科ですね」
菜花も白菜の花もカブの花も同じアブラナ科で、
その花の全てを「菜の花」と呼ぶ。
そんな花に止まったのは、
達也「モンシロチョウを新宿で見るとは思わなかったな」
大都会新宿もかつては畑が広がり、たくさんのモンシロチョウがいた。
しかし、昭和40年代から始まった大都市化によりほとんど
その姿は見られなくなってしまった。
川上さん「アブラナ科が生えるとモンシロチョウが来るんです」
モンシロチョウの行動範囲は、およそ2km。
ベース基地の近辺にある緑からやって来て、上空から、
この大好きな菜の花を見つけたということ。その見つけ方は、
川上さん「人間には、黄色い花にしか見えないけど、チョウには模様が見える」
菜の花は模様があり、チョウはそれが見え目印にする。
達也「モンシロチョウが来てくれたおかげで、
明雄さんのカブの種が繋がっていく」
チョウのように、花粉を受け渡す生きものの事をポリネーター(送粉者)といい、
蜜を吸う際、体の毛におしべの花粉をつけ、別の花のめしべに交配。
それがやがて膨らみ、種ができる。
世界中でポリネーターとして活躍するのは、およそ2万種類。
花をつける植物ほぼ全ての種を交配させ未来へ繋いでいる。
そして、モンシロチョウのおかげで花が種へと成りはじめた5月中旬。
明雄さんから頂いたホウレンソウの横に見慣れない植物が。
川上さん「オオイヌタデかな?」
本来は草むらなどに生えるこの植物がなぜこの畑に?考えられるのは…
川上さん「元々、土の中にあった種」
城島「だったら、江戸時代の種じゃないの?」
このベース基地の土は元々、東京都庁からわずか2kmにある、
新宿区荒木町、江戸時代大名屋敷だった池の底からすくった泥。
その泥の中に入っていた江戸時代の種が、春の暖かさに刺激されて、
400年ぶりに芽生えたということか!?
いつの種か特定はできないが、成長すれば、実をつけ、
それを食べに鳥がやって来る。
さらに、別の植物も発見。
川上さん「ヘクソカズラじゃないかな」
その葉は、スカンクと同じ悪臭成分を出し、そのあまりの臭さから、
奈良時代には「糞(くそ)カズラ」と呼ばれていたのに、
江戸時代に「屁」までついてしまった植物。
こんなヘクソカズラも秋には実をつけ、やはり鳥たちのエサになる。
オオイヌタデはタデ科、ヘクソカズラはアカネ科。つまり、
城島「アブラナ科が好きなモンシロチョウ以外にも、ポリネーターが必要」
川上さん「ポリネーターとしてはもっと優秀な生き物がいます」
川上さんいわく、その生き物は、野菜だけでなく木や草など、
約500種類のタネを繋ぐ最強のポリネーターらしい!
しかし、その生き物は新宿では「幻」とさえ呼ばれる存在。
わずかに生き残るそいつを探して向かったのは、
世界最大のターミナル駅である新宿駅のすぐ隣にある新宿御苑!
初代将軍の徳川家康が側近の内藤清成に与えた21万坪の
土地が始まりとされ、東京ドーム12個分の自然が、
江戸時代からほぼそのまま残る。
新宿御苑内を散策すると、キキョウ科のホタルブクロの中に潜んでいた、
コアオハナムグリを発見。
蜜や花粉を食べる昆虫で、重要なポリネーター。
さらに、ヒメトラハナムグリも発見。
奥多摩地方など緑豊かな場所にしか棲めず、23区では、
50年前に姿を消したとされる、絶滅危惧種。
体に生えた毛に花粉が付きやすく、ポリネーターとしては優秀だが、
こいつも最強のポリネーターではない。
達也「最強のポリネーターいないな」
しかし、散策中にまさかの大雨。
最強のポリネーターが雨宿りしているかもしれないと、
石をひっくり返して探していると、そこにいたのは、ヒガシニホントカゲ。
川上さん「肉食で、エサとなる昆虫が多い所じゃないと棲めない」
東京23区では絶滅危惧種に指定されている。
雨の降る中、最強のポリネーター探しを続行。すると、
達也「ハチミツの甘い香りしません?」
その甘い香りを追っていくと、
川上さん「マテバシイっていう、どんぐりがなる木」
一見花には見えないが、れっきとした花で、ハチミツの材料にもなる。
そんなマテバシイの中にいたのは、ニホンミツバチ。
これこそが、最強のポリネーターの正体。
達也「嘘だ!」
達也が驚く理由は、現在東京で見られるミツバチのほとんどが
都会の環境でも暮らす事ができるセイヨウミツバチ。
元々は海外から持ち込まれた飼育専用の品種。
セイヨウミツバチよりも黒々としたニホンミツバチは、
古くから日本に棲む野生のハチで、福島DASH村のような
豊かな環境にしか棲めない。
そんな貴重な存在が、大都会のど真ん中に!
達也「働くねえ、やっぱり」
かつて、福島DASH村で、野生のニホンミツバチを巣箱で飼う
伝統の養蜂技術を3年に渡り経験し、その生態も学んでいた。
見つけた二ホンミツバチの巣はどこにあるのか?
二ホンミツバチは、杉など針葉樹の匂いを好み、
わずかな隙間と空洞があれば棲みかにする。
針葉樹であるアカマツを調べてみると、棲みかを発見!
達也「よくこんな人がウロウロするところに作るなあ」
川上さん「ニホンミツバチは大人しいから人が通っても気にしないのかも」
ニホンミツバチは、触ったり驚かせたりしない限り、人を刺すことは無い。
しかし、その巣にやって来たのは、肉食で獰猛なミツバチの
天敵であるキイロスズメバチ。
あっという間に、二ホンミツバチが餌食になってしまった。
達也「棲みかがバレてるんだ。この入り口の開き方はよくない」
福島DASH村で達也が作った巣箱の入り口は1cm弱。
スズメバチが大量に押し寄せても中に侵入することはなかった。
川上さん「中はどうなってるんだろう?」
スズメバチがいなくなるのを待ち、棲みかの中を調べてみると、
蜜の貯蔵や幼虫を育てるのに使われる巣板を発見!
その巣板の中には卵も見られた。
この時期は女王バチが卵を産み、群れを増やす子育てシーズン。
子育ての時期は、蜜だけでなく、花粉も集め、やがて生まれる幼虫のエサとなる。
さらに珍しいものが!
川上さん「女王蜂専用の巣穴。新女王蜂の幼虫が入っている」
それは、「王台」とも呼ばれ、働き蜂の幼虫の巣穴に比べると2倍程。
川上さん「あ!ローヤルゼリーあげてる!」
ローヤルゼリーとは、ハチミツと花粉を混ぜてつくった栄養たっぷりのエサ。
これを食べることで体格と寿命にも大きな差が出る。
達也「これもう、分ぽう間近だ」
分ぽうとは、新女王バチが王台から出てくる直前に旧女王バチが
群れの半分を引き連れて新たな住み処を探す習性のこと。
ということは、
達也「ベース基地に棲みか作ればやって来る可能性がありますね」
ニホンミツバチの行動範囲は最大で3km程。
ベース基地の屋上に、ニホンミツバチが好む棲み処をつくれば
DASH村と同じように、ミツバチの群れがやってくる可能性が!
しかし、新宿御苑の周りはビル街。それゆえ、
川上さん「いい棲みかが見つからなくて悪い結果になることも」
実際、昨年5月には、ベース基地からわずか150mの高田馬場駅で
ミツバチが大量発生して駆除されるニュースがあった。
達也「人にとって、高い場所の方がいいですよね」
川上さん「高い場所の方が、蜂が行き来しても、人に迷惑をかけない」
達也「都会でも安心して群れを増やせるように」
そこで、福島DASH村で培った経験を元に巣箱づくり開始!
果たして、ミツバチはやってくれるのか?

ページTOPへ ▲