メニュー
番組表

2002

6

10

[ MON ]

2002

6

10

[ MON ]

たちうおの豆板醤煮

こんがり焼いたたちうおをこっくりと煮たピリ辛味のおかず

倉持 光江

先生

289kcal

カロリー/1人前

2.2g

塩分/1人前

材料 (4人分)

  • たちうお

    (80~100gのもの)4切れ

  • (酒、しょうゆ各大さじ1)

  • 干し椎茸(もどす)

    4枚

  • 長ねぎ

    1本

  • にんにく

    1かけ

  • しょうが

    1/3かけ

  • 豆板醤

    小さじ2

  • 大さじ1

  • しょうゆ

    大さじ1+1/2

  • 砂糖

    小さじ2

  • スープ(鶏ガラスープの素小さじ1/2を湯で溶く)

    1カップ

  • ● 片栗粉、油

作り方

  • 1

    たちうおは背ビレの両側に切り込みを入れ、包丁の刃の根元で押さえて引っぱってとり除き、表面に飾り包丁を入れ、酒、しょうゆをふって下味をつけます。

  • 2

    もどした椎茸は軸を除いて1cm幅に切り、長ねぎは5cm長さのぶつ切りにします。にんにくとしょうがはみじん切りにします。

  • 3

    たちうおの汁気を軽くふき、薄く片栗粉をまぶします。

  • 4

    中華鍋に油大さじ1+1/2を熱して長ねぎを炒め、焼き色がついたら(3)のたちうおを並べ入れ、両面をこんがりと焼きます。

  • 5

    (4)に椎茸を加えてさっと炒め、油が足りなければ少量を足し、にんにく、しょうが、豆板醤を鍋肌に加え、炒めて香りを出します。酒、しょうゆ、砂糖、スープを加え、ふたをして汁気がなくなるまで、弱火で15~20分煮ます。

< 背ビレのはずし方 >

1)

背ビレの両側に沿って切れ目を入れる。

2)

包丁の刃で背ビレを押さえて、ひき抜く。

アドバイス

  • たちうおの焼き色が美味しさのカギ、こんがり色をつけてから煮込むと風味よく仕上がります。

  • 煮込み途中は焦がさないように弱火で時々鍋返しをします。

  • 白いごはんをお忘れなく・・・。

このレシピの先生

倉持 くらもち 光江 みつえ 先生