2008.09.16.Tue

講演会と上映会が実施されました。

9月12日、高畑勲監督の講演会が
また、翌日の9月13日には
「『もののけ姫』はこうして生まれた。」の一挙上映会が
東京都現代美術館の講堂で実施されました。

%E9%AB%98%E7%95%91%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E8%AC%9B%E6%BC%94%E4%BC%9A2.jpg %E9%AB%98%E7%95%91%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E8%AC%9B%E6%BC%94%E4%BC%9A1.jpg

「アニメーションの空間表現について」と
題された高畑監督の講演会は、
映像を交えつつ、2時間にわたる大変濃い内容のものでした。

アニメーションの制作や演出について高畑監督が語る話は
どれも非常に興味深いものばかり。
予定時間の2時間がまさにあっという間に過ぎ、
非常に多くのお客様が参加され、
熱心に耳を傾けていらっしゃいました。
終了時に、高畑監督に向けられた大きな拍手が、
講演内容のおもしろさを物語っていました。


「『もののけ姫』はこうして生まれた。」の上映会は、
6時間40分というマラソン上映会でしたが
ほとんどのお客様が最後まで「完走」。
終了後の会場は大きな達成感に包まれました。
アニメーションの制作過程を丁寧に追ったこのドキュメンタリーには、
「レイアウト」が描かれた様子が多く登場し、
お客様も改めてレイアウトにご興味を持たれた様子でした。

そして、当時ディレクターとして制作に関わられた、
テレビマンユニオン・浦谷年良代表取締役副社長
も急遽、上映会に駆けつけ、当時のお話をいただきました。


連日、大変貴重なイベントとなりました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

Categories:スタッフ便り