メニュー
番組表

1998

3

7

[ SAT ]

1998

3

7

[ SAT ]

豆腐のみそ漬け

使いみちはいろいろ、酒の肴の万能選手。

河合 真理

先生

材料 (4人分)

  • ▼豆腐のみそ漬け

  • 木綿豆腐

    2丁

  • 合わせみそ(赤みそ200g、白みそ150g、酒大さじ1、みりん小さじ2)

  • ▼揚げ出し豆腐

  • 豆腐のみそ漬け

    1丁

  • たらの芽

    10個

  • 塩、片栗粉、油

  • ▼酢じめいわしのあえもの

  • いわし

    2尾

  • 合わせ酢(りんご酢大さじ3、三温糖小さじ1、塩少々)

  • あえ衣(炒り白ごま大さじ1、豆腐のみそ漬け1/3丁)

  • あさつき

    少々

作り方

  • 1

    ▼豆腐のみそ漬け

    【1】豆腐はふきんに包んで重石をのせ、水気をしっかりときります。

    【2】ボールに赤みそ、白みそ、酒、みりんを合わせて練り混ぜます。

    【3】保存容器に合わせみその1/3量をのばし、ガーゼを敷いて豆腐を並べ、再びガーゼをかぶせ、残りの合わせみそをぬりつけるようにてのばします。

  • 2

    ▼揚げ出し豆腐

    【1】豆腐のみそ漬けは一口大に切り、片栗粉をまぶし、 170℃の揚げ油で色よく揚げます

    【2】たらの芽は洗って水気をふき、衣(片栗粉大さじ6を水大さじ5で溶く)にくぐらせて揚げ、塩少々をふります。

    【3】(1)、(2)を盛り合わせます。

  • 3

    ▼酢じめいわしのあえもの

    【1】いわしの三枚おろしにして塩をふり、10分ほどおいてしめ、さっと洗います。合わせ酢を作り、いわしをつけて20分ほどおき、皮をひいて斜め細切りにします。

    【2】白ごまはよくすり、豆腐のみそ漬けを加えてすり混ぜ、 (1)をあえて器に盛り、あさつきの小口切りを散らします。

みそ床

みそ床は色ムラが出ないようにまんべんなく塗ります。

豆腐の水きりは重要です。 固い状態になるまで水きりします。

アドバイス

  • 漬けてから1日経った頃が食べ頃。ごはんのおかずにも酒に肴にもなります。

  • 合わせみその中に、好みで削りがつお大さじ1~2を入れてもおいしい。

  • 漬けた翌日に食べ頃になる。豆腐とみその間にガーゼを敷いて漬けると、食べるときに扱いが楽。

  • つかり過ぎた豆腐はあえ衣に使うとよい。みそ床は何度も使えます。

このレシピの先生

河合 かわい 真理 まり 先生