メニュー
番組表

1999

7

8

[ THU ]

1999

7

8

[ THU ]

鮎の梅煮

お茶で煮るのがポイント、骨まで柔らかくして!

牧 弘美

先生

168kcal

カロリー/1人前

3.6g

塩分/1人前

材料 (4人分)

  • 4尾(400g)

  • 緑茶、またはほうじ茶の葉

    大さじ1+1/2

  • 梅干し(減塩のもの)

    2個

  •  だし汁

    3カップ

  •  酒

    1/4カップ

  •  砂糖

    大さじ2

  •  しょうゆ

    大さじ3

  •  みりん

    大さじ2

作り方

  • 1

    鮎は包丁の刃先で軽くこそげてウロコとヌメリを落とし、肛門を押さえてフンを出し、エラをとり除いて水洗いします。

  • 2

    平鍋に鮎を並べ、熱湯で濃いめに出したお茶をかぶるくらいまで注ぎ、中火で約10分煮ます。

  • 3

    (2)の鮎をとり出してお茶を捨て、鍋をきれいに洗って鮎を戻し入れ(このとき、だしをとったあとの昆布があったら鮎の下に敷くと、焦げつき防止になり、味もよくなる)、だし汁と調味料を加え、梅干しも半分にちぎって種ごと加えます。紙ぶたと鍋ぶたをして中火にかけ、煮立ったら弱火にし、骨ごと食べられるくらいにやわらかくなるまで、約1時間~1時間15分かけて気長に煮ます。途中で煮汁が少なくなったらだし汁、または水を足します。

  • 4

    器に盛って煮汁をかけます。

1、必ず熱いお茶を入れること。 冷たい状態だと皮がはがれてしまいます。 紙ぶたと落としぶたをしてまず10分煮ます。

2、10分煮るとこんなにアクがでてきます。

アドバイス

  • 梅干しは種ごと加えます。

  • 常に煮汁はヒタヒタの状態にして煮ます。1時間以上煮ると骨まで柔らかくいただけます。

  • 煮上がりをすぐ食べるよりも、少し冷ましてからの方が味がなじみ盛りつけもしやすい。

このレシピの先生

まき 弘美 ひろみ 先生